全上場企業のうち、役員平均年齢が若い企業トップ20--日本を担う成長株はここから?

東洋経済が毎年7月、全上場企業を対象に行っている『役員四季報』調査によると、全上場企業3595社、4万0493名の役員の平均年齢は59.6歳で、前年と比べて0.3歳上昇した。また、2010年8月以降に就任した新任役員の平均年齢は56.8歳で、0.4歳低くなった。

全上場企業のうち、役員平均年齢の低い会社を見ると、1位はオンラインゲーム開発大手、サイバーステップの35.7歳だ。3位にはインターネット広告、ゲームや交流サイトの運営などを行うサイバーエージェントの38.0歳などインターネットビジネス関連が目立つ(「全上場企業のうち、役員平均年齢の低い企業トップ20」参照)。

株式市場別に見ると、役員平均年齢の低い会社の上位は東証マザーズ(表中のマザーズ)、ジャスダック(表中のJQ)など新興市場に上場している企業が大半を占めている。

東証1部上場企業に限ると、役員平均年齢が最も低いのは、レンタルサーバーなどウェブインフラ事業やネット広告を手がけるGMOインターネットの43.5歳だ。3位には携帯電話向けゲームや交流サイト主軸のディー・エヌ・エーが44.8歳、5位にも同業種のグリー45.0歳など、ここでもインターネットビジネス関連で成長を続ける企業が目立っている(「東証1部上場企業のうち、役員平均年齢の低い企業トップ20」参照)。

こうした若い企業のなかから、次世代のリーディングカンパニーとしてより大きく成長する企業が現れることが期待される。

(山本 亜由子 =『役員四季報2012年版』編集部)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT