「マイナンバー特需」に笑う業者、泣く自治体

税金の上に税金がつぎ込まれるのか

マイナンバー導入を控えた、ITシステム改造で業者から自治体に示された見積もりは……(写真:Graphs/PIXTA)

マイナンバーのシステム改造費に頭を悩ます自治体

日本に住むすべての人に割り振られる社会保障・税番号(マイナンバー)制度が、2016年1月からスタートする。税や社会保障に関する個人情報を国・自治体が1人1個の番号でひも付けし、公正・公平できめ細かな社会保障などの行政サービスを実現することが狙いだ。外国籍の住民を含め、住民票を持つ人に今年10月から12ケタの個人番号が通知され、来年1月には番号カードが交付される。

これに対応する情報システムの改造に、頭を悩ます自治体が出始めた。人口規模に応じて、国がシステム改造費を補助することになっている。ところが、企業が必要とする情報技術に関連した機器やソフトウェア、システム、サービスなどを販売する「ITベンダー」が自治体に提出した見積もり額がその数倍に上り、負担の大きさに自治体が困惑しているケースが多発しているようだ。

運用開始まで「待ったなし」の今になってのドロナワの原因は、改造費を低く見積った総務省か、結局は税金で賄われるであろう「マイナンバー特需」にあやかって、儲けをせしめようとするITベンダーにあるのか。

マイナンバーは当面、社会保障と税、災害対策に適用されるが、近い将来には民間利用も視野に、医療や金融サービスにも広がるとみられている。

給与支払者である事業者や団体はもちろんだが、住民と地域の情報を所管する自治体は、文字どおり「待ったなし」だ。マイナンバーのベースとなる住民基本台帳システムをはじめ、税・健康保険・介護保険関連システム、住基ネットなどさまざまなシステムを改造し、新たに連携サーバーを導入しなければならない。

次ページまるでクリンチ戦法?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT