スカイマークvs大口債権者、舌戦の一部始終

債権者向け説明会で際立った両社の"深い溝"

会場に入っていく債権者とみられる人々

上田裕康弁護士(イントレピッドの代理人): ANAHDがスポンサーになるということは、スカイマークの“第3極”としての存在意義が失われるのではないか。

中原健夫弁護士(スカイマークの代理人):スポンサー契約を締結する中で、スカイマークがこれまで培ってきた独自の企業価値や航空業界における地位・役割を維持・発展させていくという合意をしている。また、今回のスポンサー契約はインテグラルが過半数を保有する計画だ。出資比率から見ても、第3極というコンセプトはきっちりと守られると考えている。

重要事項の決定についての権限はかなり細かく決めており、あくまでスカイマークにとってメリットのあることを実現できる仕組みにしている。ANAにだけメリットがあり、スカイマークにとってメリットがないものは決定できない。役員構成だけでなく、権限についても詳細に議論したうえで、今回のスポンサー契約に至っている。

ANAHDの長峯豊之取締役:スカイマークはこの20年間、日本の航空自由化の象徴的な先駆者として、新しい航空需要の発掘・創造に貢献した。事業再生の経験のある当社がスポンサーとして支えていけば、日本の航空業界の発展に貢献できるのではないかと考えている。

運賃の設定やネットワーク、便数や路線のあり方などはスカイマーク自身で決める。決定プロセスにANAは関与しないと明確にうたっているので、心配には及ばない。

ANAが支援する蓋然性

上田弁護士:そうしないと独禁法の関係もあるということだろう。ただ、ANAHDの資本が入ると、スカイマークには事実上の制約が課せられるのが自然だ。逆に、ANAにとって事業上なんら関係もない、単にスカイマークの事業再生のためにだけ協力するということであれば、特にANAでなくても構わないのではないか。

長峯取締役:さきほどはスカイマークとしてのメリットを説明したが、たとえばコードシェア(共同運航)を始めれば、当社にとっても販売する路線が拡大したり、ネットワークの拡充によって客への利便性が上がる。競合他社に対して優位性が得られ、ひいてはANAとしてのメリットにもつながる。

自由な行動を制約してしまうのではないか、なぜほかのエアラインではダメなのか、という指摘もあったが、スカイマークが保有する羽田の発着枠は国内線だ。その意味で、スカイマークの事業を再生させることができるのは、国内線の運航経験が豊富なわれわれではないか。

次ページ舌戦の幕切れは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT