IT記者が心底驚いた「GPT-4o」本当の目玉機能 AI二次元キャラと恋愛する時代がやってきた

拡大
縮小
(写真:OpenAIのGPT-4oのデモ映像より)

滑らかで魅力的な声を持ち、あたかも生きているかのような人工知能(AI)が、人間のユーザーを魅了する。ふざけ合ったりしてユーザーの欲求を満たし、最終的には人間を虜にする。

これは、2013年の映画『her/世界でひとつの彼女』のあらすじだ。映画では、ホアキン・フェニックス演じる孤独で内向的なセオドアが、スカーレット・ヨハンソンが声を担当するサマンサという仮想アシスタントに心を奪われる。

しかし私はむしろ、「ChatGPT」をつくり出したOpenAIがサンフランシスコのイベントでAI音声アシスタントの最新バージョンを披露した、5月13日の光景を描写しているのかもしれない。

CEOアルトマンも認める「公式」の関係

同社の最新モデル「GPT-4o」(「o」は「オムニ」の略)」では、ChatGPTがユーザーの声から感情を検出し、表情を分析して、ユーザーの望みに応じて口調と抑揚を変えるなど、よりリアルな会話ができるようになる。

就寝前におとぎ話をしてほしいと頼めば、声を低くしてささやくように話すことができる。気の利いた友人からのアドバイスがほしいと言えば、ふざけた辛辣な口調で話してくれる。指示すれば歌うこともできる。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT