ryuchellさんに面差しの似た「元女性」の歩む人生 12歳でトランスジェンダーを学び、早期に打ち明け

拡大
縮小
ニュージーランド出身のフィットネス・インストラクター、メノ・トーマスさん(写真左)は、元女性だった(撮影:メノさんのインスタグラム投稿を転載)

5月17日は、「国際反ホモフォビア・トランスフォビア・バイフォビアの日」でした。1990年のこの日、世界保健機関(WHO)が同性愛を精神疾患のリストから除外したことを記念して、定められました。日本では「多様な性にYESの日」と呼ばれているそうです。

「フォビア」には恐怖症という意味がありますが、つまり同性愛の人たちやトランスジェンダー、バイセクシュアルなど、主にLGBTQと呼ばれる人たちに対する嫌悪感や否定的な感情というとわかりやすいでしょうか。

こうした悪感情に対抗し、性的マイノリティの人たちの人権に目を向けることを目的とした日であると言えるでしょう。多様性が社会通念として徐々に浸透してきているとはいえ、性的マイノリティに対するヘイトや差別的な言動は、いまだすべて解消されているとは言いがたいのが現状です。

誰もが住みやすい社会を作っていくために、私たちにできることとは何なのでしょうか。

多種多様な人が通うロンドンのジム

筆者は英国・ロンドンに暮らしてかれこれ20年近くになります。

2021年の国勢調査によると、ロンドンでは自らを白人、あるいは白人系の英国人と位置付ける人たちが人口のおよそ半分強ほどしかいないそうで、その他は多種多様な民族の人たちが共存しています。世界有数の多民族都市であると言えるでしょう。

そんなロンドンで私はこの7年ほど、中心部にあるジムにほぼ毎日通っています。といっても、きらびやかで会費も高めの民間のジムではなく、地域運営で、どちらかというと区民センターのような趣の、のんびりとしたところです。地元の多種多様な人たちが通っています。

前述の通り、ロンドンは世界屈指の多民族都市であるので、グループ・レッスンに出ると、25人のクラスに外国籍で同じ国籍の人は多くて2〜3人、白人の英国人でも多くてクラスの3分の1程度。さらに、同じ英国人であったとしても二重国籍の人もいます。そのうえインド系、中国系、アフリカ系などの英国人や、白人でもアイルランド系だったり、片親が東欧出身の人などもいて、皆が異なる民族背景やルーツを持つ、などという場面にもしばしば遭遇します。

年齢層も、下は10代から上は70代くらいまでと幅広く、また中にはイスラム教徒の女性が頭に被るヒジャブを着けた女性もよく見かけ、宗教上の違いもごく自然なことです。自閉症などの障害のある人たちも複数、普通に通っています。

セクシャリティに関しても、女子が多く集まるクラスにいる男子の中にはゲイであることをオープンにしている人も複数いますが、そのことを理由に彼らに後ろ指を指す人もいませんし、皆がごく普通にフィットネスを通じ、同じ体験、そして同じ場を共有しています。

実に多様性のあるこの場に日々何気なく加わっていることに、ちょっとした奇跡を感じることもしばしばです。

さて、このジムでは、あるフィットネス会社が提供するグループ・フィットネスのクラスを受けることができます。そのプログラムの一環として、社の看板インストラクターが複数名、大画面に動画で登場する「バーチャル」のクラスを受講することもできるのです。私は昨年来、格闘技を取り入れたバーチャル・ワークアウトを定期的に行っています。

クラスを始めて数週間が経った頃でしょうか。ふと、画面上のインストラクターの一人に、不思議と既視感を感じるようになりました。その若い男性インストラクターは目鼻立ちのくっきりした、どちらかといえば面長の顔立ちで、髪をピンクに染めていました。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT