一枚のハガキ --新しい道を切り開く、折れない強い心が必要《宿輪純一のシネマ経済学》

邦画界最高齢(1912年生まれで現在99歳)の現役映画監督である新藤兼人が、自らの苦悩の戦争体験をベースに描く人間ドラマ(ちなみに世界ではポルトガルに1908年生まれのマノエル・ド・オリヴェイラ監督がおり、世界では2番目の高齢)。
 
 本作品は昨年の第23回東京国際映画祭審査員特別賞も受賞している。しかし、残念ながら新藤監督は本作品を最後の監督作としている。

時期は太平洋戦争末期で、中年兵士も召集された。その中年兵士のグループの100人のうち94人が戦死し、6名が残った。その明暗は上官による“くじ引き”だった。主人公は生き残ったが、生き残るのも苦悩となる。

特に戦後、残った主人公・啓太(豊川悦司)の家庭と、戦死した友人の家庭が崩壊していき、主人公たちが新しい道を選択し、進んでいく姿を描いている。



    ©『一枚のハガキ』近代映画協会/渡辺商事/プランダス


 啓太の仲間の定造はフィリピンに送られることになった。戦死を覚悟した彼は啓太に妻の友子(大竹しのぶ)が書いた一枚の愛情あふれるハガキを託す。軍隊の検閲が厳しく返事が出せなかったのである。もし、啓太が生き延びることができたら、妻にハガキは読んだとだけ伝えてくれと頼まれ、啓太は友子に届けに行く。
 
 昔はよくあったとも聞くが、定造は貧しい農家の長男であり、友子は定造の弟と再婚させられる。その弟にも召集令状が来て出征し、また戦死する。舅と姑が家に残る。愛人になれと迫る男もいる……。
 
 また、啓太の家庭ももっと悲惨なことになっていた。妻が父親と関係していて、復員すると駆け落ちした。くじ引きで生き残ったが…という感じもする。啓太は友子を訪ねて行く。想像を絶した苦難に対応していく中で、2人で新しい道を切り開いていく。

間もなく日本は8月15日の「終戦記念日」である。この時期、戦争が大きな社会テーマとなる。もちろん戦争だけは起こしてはいけないのは言うまでもない。新藤監督も実際に召集され二等兵として海軍に入隊。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT