40代・50代の服選び「年相応」より大事なポイント 「古くさくてアカ抜けない」から脱出するには

✎ 1 ✎ 2
拡大
縮小

似合うもの、好きなものが変わっても不思議ではないし、OKなんです。"私には昔も今もこの服が似合っている"という思い込みは捨ててみて。

そしてそれとは逆に年齢という数字には関係なく、今のファッションの空気や流れ(=トレンド)には乗ったほうがいい。それがあなたを素敵に見せてくれる近道だから。

「もう45歳だから、50歳だから、トレンドの服は恥ずかしくて着られない」と思っていることが時代不相応。トレンドは、取り入れ方次第で何歳になっても素敵に見せられるのです。

だから年相応は不要だけど、時代相応は必要! 年齢という物差しで着るものを狭めてしまうのではなく、今の時代に少しだけ敏感になり、部分的にでもトレンドをとり入れてみましょう。

"昔も今も私は私、変わらない"というマインドではなく、年齢とともに日々更新し進化する私でいよう!と思うこと。洋服やメイク、髪型に自分の思い込みという壁をつくるのではなく、壁をなくすこと。そうすることであなたも知らなかった新しい自分に出会えるはずです。

"おばさんコドモ"脱出のカギは「丈」にあり

おしゃれに重要なのは丈。

たとえばスカート。昔から好きだからといって頑なにひざ下丈スカートをはいてる人、それはもう終わりにしましょう。

年齢とともにヒールの靴もはくのがつらくなってきて、ひざ下丈スカートにぺたんこ靴という究極に相性が悪いコンビになると手がつけられない。

スカート丈のOKとNG写真
(出所:『45歳からの「似合う」が見つかるおしゃれ塾』)
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT