人気スタイリスト、「映える服」1点投入が賢い選択 金子綾、30代以降おしゃれで気をつけたいこと

拡大
縮小
金子綾
年齢を重ねたからこそ楽しめる服もあるというスタイリストの金子綾さん(撮影:梅谷秀司)
仕事において責任感が増すだけでなく、家事・育児などプライベートでも時間に追われることの多い30代以降——だんだんと自分のための時間を作ることができなくなり、「おしゃれ」から遠ざかってしまったという人も多いのではないか。
そんな人に、トレンドを追いかけるおしゃれではなく、「自分の印象をよく見せる服選び」をおすすめするのが女性誌などで活躍するスタイリストの金子綾さんだ。
ベーシックな服を中心とした女性らしいコーディネートで高い支持を得ている金子さんに、30〜50代の働く女性の服選び、手早くおしゃれを叶える、また自分らしい服を見つけるセンスの磨き方について聞いた。

シンプルだけどサマになる「一点映え」する服

——仕事に家事、育児と多忙な毎日を送られている金子さんは、現在はどんな視点で服を選んでいますか?

私は2人目を産んでから、シンプルだけど「ぱっと一枚着るだけでサマになる」服を選ぶようになりました。

東洋経済Style&Lifeのトップページはこちら

例えば、丸みのあるコクーンシルエットだったり、袖にボリュームがあったり、「ちょっとオーバーかな?」と思うくらいフォルムがしっかりと出るもの。いわば「映える服」ですね。

これなら何も考えずに、着るだけでコーディネートが完成するので、とっても楽です。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT