小2の壁?働く母が悶絶する「夏休み」問題

共働きの罪悪感がマックスに…!

そして、そうこうしているうちにあっという間に長期休暇も終わってしまいます。もっと言うと、逆に、どこかに罪悪感があるからこそ、何かイベントを企画してあげられて、毎日毎日をおうちで過ごすよりも楽しい思い出も作ってあげられるのかもしれませんよ。

うちの娘はごくごく普通だけれど、お友達を見ていると、同じように学童に3年間通った子で、スポーツや勉強で驚きの成績を残している子たちもいっぱいいます。親がつきっきりだから、子どもが高い成果を出せるとは限りません。つきっきりだから何かの賞が取れるんだとしたら、それって親の作品、成果でしょう?

小さな子離れ・親離れの第一歩

専業主婦のお宅と、子どもと過ごす時間の量を比較して、量と質は正比例だと考えてしまったら、働く母なんて存在できなくなってしまう。今のあなたの思考でいくと、あなたが専業ママになったとしても、「つきっきりで見ていたのに……」と考えて、自分も子どもも責めてしまうのでは? それは、あまり建設的な考え方ではないような気がします。

罪悪感があることは理解できますが、つきっきりじゃないからこその過ごし方、その時間の充実や共有を考えるようにしましょうよ。

小1の壁は実際にあります。私の経験から言うと、長期休暇については小2の壁もあります。学童が終わる小4からはまるまる一日フリーの長期休暇をどう過ごさせるか、という壁も立ちはだかります。次から次に悩ましさは出てきますが、その時は大変だと思っていても、「保育園時代は良かったな」と思うように、高学年母にとっては学童保育も「天国時代」。

中学生母になれば、「小学校時代は幸せだったなぁ」と思う可能性も大だと思います。いちいち仕事を辞めていたらキリがない。子どもはあっという間に、ひとりで歩きはじめます。

心配も多い世の中ですから、きちんと見守ることやセーフティネットを作ることは大事だと思うけれど、小さな子離れ・親離れの第一歩と思って、子どもと一緒に長期休暇の計画を立ててみてはどうでしょう? あなたにとってもお子さんにとっても、素晴らしい夏休みになりますように!

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。