有料会員限定

遺体保管料は1日1万… 遺族を悩ます"火葬待ち" 「迷惑施設」と見なされる火葬場の新設は容易でない

✎ 1〜 ✎ 8 ✎ 9 ✎ 10 ✎ 11
拡大
縮小

年間160万人が亡くなる多死社会で火葬までの日数の増加が問題に。

運搬中の棺桶
「火葬待ち」によって遺体保管料などの費用負担も増す(写真:PIXTA)

特集「無縁時代の「お墓」新常識」の他の記事を読む

急増する墓じまいから樹木葬、海洋散骨に至るまで、葬送をめぐる価値観の急速な変化とその実情を探った。『週刊東洋経済』4月13日号の第1特集は「無縁時代の『お墓』新常識」だ。
週刊東洋経済 2024年4/13号(無縁時代の「お墓」新常識)[雑誌]
『週刊東洋経済 2024年4/13号(無縁時代の「お墓」新常識)[雑誌]』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。定期購読の申し込みはこちら

年間160万人近くの人が亡くなる「多死社会」において、年々深刻化している問題がある。「火葬待ち」問題だ。施設の混雑により場合によっては2週間近くも火葬の順番を待つことになる。

とくに人口が多い首都圏で問題は深刻だ。

中でも376万人と政令指定都市として最多の人口を誇る横浜市は、喫緊の課題として対応を迫られている。

横浜市環境施設課によると、2023年4月から24年2月までの火葬待ちの日数は平均で4.93日。5.81日だった22年度に比べるとやや改善されたものの、3.71日だった14年度よりかなり悪化している。

火葬炉が明らかに不足

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内