有料会員限定

自然災害が招く墓じまいと使用者不明の「無縁墓」 能登地震、東日本大震災… 高まる墓地のリスク

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小

修復もままならず対応に苦慮。

多くの墓石が倒れた墓地
石川県珠洲市では地震によって多くの墓石が倒れた(写真:時事)

特集「無縁時代の「お墓」新常識」の他の記事を読む

急増する墓じまいから樹木葬、海洋散骨に至るまで、葬送をめぐる価値観の急速な変化とその実情を探った。『週刊東洋経済』4月13日号の第1特集は「無縁時代の『お墓』新常識」だ。
週刊東洋経済 2024年4/13号(無縁時代の「お墓」新常識)[雑誌]
『週刊東洋経済 2024年4/13号(無縁時代の「お墓」新常識)[雑誌]』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。定期購読の申し込みはこちら

今年元日に発生した能登半島地震。震度5強の揺れに見舞われた富山県氷見市では、半壊以上の被害に遭った住宅が500世帯近くに上った(2月末時点)。

墓地の被害も大きかった。氷見市には、東原墓地公園と村上墓地という2つの公営墓地がある。同市環境防犯課によると、村上墓地では全454区画のうち、ほぼ半数で墓石が倒壊するなどの被害があったという。

市内の民間墓地での被害も多く、地元の石材業者には修復依頼が殺到した。その結果、お墓の修復がままならず、3月の彼岸になっても墓参りできない人が多かった。

修復に向けての対応に追われる一方、氷見市には墓じまい(改葬)の申請が相次ぎ、今年1〜3月だけで31件に上ったという。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内