有料会員限定

お布施は領収書が出ない?お寺の疑問に答えます 保存版!寺院との上手な接し方Q&A【後編】

✎ 1〜 ✎ 6 ✎ 7 ✎ 8 ✎ 最新
拡大
縮小

お布施の相場から離檀料まで、寺院とのあるべき接し方を徹底解説。

お経を読む僧侶
檀徒であれば寺院運営にできる限り協力したい(写真:PIXTA)

特集「無縁時代の「お墓」新常識」の他の記事を読む

急増する墓じまいから樹木葬、海洋散骨に至るまで、葬送をめぐる価値観の急速な変化とその実情を探った。『週刊東洋経済』4月13日号の第1特集は「無縁時代の『お墓』新常識」だ。

※【前編】はこちら
週刊東洋経済 2024年4/13号(無縁時代の「お墓」新常識)[雑誌]
『週刊東洋経済 2024年4/13号(無縁時代の「お墓」新常識)[雑誌]』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。定期購読の申し込みはこちら

Q 生涯独身だった弟が死亡しました。本人には子もないため、唯一の兄弟である私が葬儀を行うことになりました。ほとんど身内だけの葬儀ですが、ささやかでも心を込めて弟を送ってやりたいと思い、葬儀会社に葬儀の見積もりを依頼し、僧侶へのお布施の相場を聞きました。葬儀の見積額や布施の相場を聞くと「そんなにかかるのか!」と驚いてしまい、思わず、「無宗教で、直葬でやります」と返事し、実際にそれで葬儀をしてしまいました。法名(戒名)もなしで送り葬儀が終わって、そのことを今になって後悔しています。(80代男性)

A 葬儀の小型化が年々進んでおり、今では小型葬を表す「家族葬」「一日葬」も一般化しています。通夜、葬儀・告別式といった葬儀儀礼を省略した「直葬」も珍しいものではなくなってきました。

経済的困窮者には葬祭扶助も

一方で、考えてみてください。死者を弔うということと経済面は本来別なことです。たとえ経済的に困っていても、死者は尊厳をもって弔われる権利があるし、その家族は弔う権利があるのです。このことを改めて確認しておきたいものです。

葬儀会社への費用支払いは、経済行為です。とはいっても、生活保護を受けているなど経済的困窮者に対しては行政上の制度として葬祭扶助があり、自治体によって多少差があるものの、20万〜22万円程度が保障されています。立派ではなくとも、死者の尊厳を保つ葬儀は、誰にも保障されているということです。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内