メルカリ配送「新激安サービス」なぜ実現できた 大手の3割安、価格競争突入とも思われたが・・・

拡大
縮小
エコメルカリ便は発送、受け取りでも非対面が前提のサービスだ(写真:メルカリ)

3月28日、フリマアプリ大手「メルカリ」で新たな配送サービスが始まった。発送から受け取りまで一貫して非対面で行う「エコメルカリ便」だ。

コンビニなどから投函ボックスで発送し、受け取り方法も宅配ボックスや玄関先に置く「置き配」のみに限られている。

荷物は宅配便の60サイズ(荷物の3辺の長さの合計が60センチ以内)から100サイズのものを送ることができる。料金は一律730円だ。100サイズで比較すると、ヤマト運輸が担う「らくらくメルカリ便」より320円、日本郵便の「ゆうゆうメルカリ便」より340円も安い。

メルカリでは、出品者が送料を負担するケースが多い。送料を計算し、梱包サイズを小さくする手間がユーザーの不満の声として上がっていた。新サービスではそうした手間が減り、送料を抑えて売り上げを増やせる。再配達がほぼなく、取引完了(残高への反映)までの日数が抑えられるといったメリットがある。

ただし、置き配限定とはいえ、エコメルカリ便は大手より約3割も安い。一体どんな仕組みで実現しているのか。そしてメルカリの配送は今後、値下げ競争に突入してしまうのだろうか。

ローソンの「戻り便」を活用する

エコメルカリ便は三菱商事とローソンによる配送システム「SMARI(スマリ)」と、SBS即配サポートが連携したサービス。無駄な配送プロセスを削減し、低コストを実現している。

スマリはローソンを軸に専用の「スマリボックス」を約3000個設置している。出品者はボックスで2次元コードをかざし、送り状を貼って投函する。ローソンのスタッフの対応は不要だ。ボックスの荷物はローソン店舗に商品を配達するトラックが「ついでに」回収する。ローソンの既存物流を活用しているのだ。

回収した荷物は三菱食品など、三菱商事が手配するセンターでほかの荷物と仕分けされる。そこへSBS即配サポートが集荷に向かい、仕分けし、個人宅へと配送する流れだ。

次ページ配送を担当するのは?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT