名取市の特別養護老人ホーム、地域密着の財産を元に「再建一番乗り」を目指す

名取市の特別養護老人ホーム、地域密着の財産を元に「再建一番乗り」を目指す

漁港の朝市で有名な宮城県名取市の閖上(ゆりあげ)地区では、東日本大震災の津波による被害で、多くの人命や家屋が失われた。特別養護ホーム「うらやす」にも大人の背丈を上回る高さの津波が押し寄せ、利用者と職員合わせて40人以上が犠牲になった(上の写真は、被災した高齢者が一時的に入所する老人保健施設「春風のころ」)。

 うらやすの経営母体である社会福祉法人みずほの森精一理事長(右写真)は、うらやすの近くに森内科クリニックを構え、内科医として地域住民を22年にわたって診察してきた。
 
 閖上地区では特養ホームのみならず、認知症高齢者グループホームやケアハウス(軽費老人ホーム)、デイサービス(通所介護)センターなども運営。高齢者が多いこの地で、地域密着型の医療・介護システム作りに取り組んできた。

震災でそうした努力は一瞬にして灰燼に帰した。平屋建ての特養ホームおよび3階建てのケアハウスとも津波の被害が大きく、元の場所での再建は不可能。建物および機械類の被害総額は14億円にも達した。
 
 にもかかわらず、森氏は動じる様子がない。「残った職員と力を合わせ、どこよりも早く復興させてみせる」と意気込む。

 むろん、大きな課題がいくつも待ち構えている。まず第一に、「被災した施設では、収入の大幅減が不可避になっている」(特養ホームうらやすの佐々木恵子施設長:右写真)。「特養ホームの長期入所では震災前の3分の1に、デイサービスは再開できていないので限りなくゼロ。グループホームおよびケアハウスも収入は半分に落ち込む」と佐々木氏は説明する。5月末までは震災前の9割の収入が保障される「概算払い」の特例が設けられていたが、6月の月間収入は大幅減となったもようだ。

一方、被災した施設から利用者を受け入れた系列の2施設(特養ホーム「春の森から」および老人保健施設「春風のころ」(ともに仙台市))では、利用者数、職員数とも急増。「春の森から」では3月11日時点の利用者61人、職員44人から、6月14日にはそれぞれ94人、96人に達した。受け入れ側の施設で職員が大幅に増えたのは、元の施設で働いていた職員の雇用を維持したためだ。当然ながら人件費負担は重い。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT