東武線「小さな北千住」久喜周辺には何があるのか JR宇都宮線との乗換駅、隣の鷲宮駅は沿線に桜

✎ 1〜 ✎ 54 ✎ 55 ✎ 56 ✎ 最新
拡大
縮小

河津桜に見とれながら鷲宮神社の門前町を歩き、鷲宮駅の東口に向かう。西口を出てからほんの15分ばかりの小散歩。カメラを片手に散策している人の姿も見かけたが、「らき☆すた」ファンか、それとも鷲宮神社の参詣客か。

鷲宮駅東口
鷲宮駅東口には立派な駅舎(撮影:鼠入昌史)

いずれにしても、昔ながらの小さくも味わいのある町並みが、駅の周りに広がっていた。鷲宮駅東口には、そんな町の誇りのシンボルのように大きく構えた立派な駅舎が建っている。

都心と北関東の分かれ目

そして、再び久喜駅へ。のどかで、ちょっと昭和を感じさせてくれる鷲宮駅とはうってかわってターミナル。久喜駅は、運転系統もそうだし、実態としても“都心”と“北関東”の分かれ目という要衝の駅なのかもしれない。1899年に東武鉄道が最初に営業運転を開始した区間(北千住―久喜間)の終着駅でもある。

色川駅長に、改めて久喜ってどんな駅ですか?と尋ねてみた。

「北千住をぐっと小さくしたイメージです。乗り換えのターミナルでお客さまも多くて、構内にもお店がある。規模はまったく違うんですけど、なんとなく似ているなと思います」(色川駅長)

小さな北千住と、懐かしさのある小駅。この組み合わせの久喜・鷲宮コンビ。都心からおよそ1時間。わざわざ足を運ぶ価値は、ありそうだ。

この記事の画像を見る(18枚)
「鉄道最前線」の記事はツイッターでも配信中!最新情報から最近の話題に関連した記事まで紹介します。フォローはこちらから
鼠入 昌史 ライター

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

そいり まさし / Masashi Soiri

週刊誌・月刊誌などを中心に野球、歴史、鉄道などのジャンルで活躍中。共著に『特急・急行 トレインマーク図鑑』(双葉社)。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT