命の危機でも「人工中絶拒否」米国の痛ましい現実 共和党支持者中心に人工中絶反対の流れが加速

拡大
縮小
コール・ジェーン 人工中絶
『コール・ジェーン ―女性たちの秘密の電話―』は3月22日より新宿ピカデリー、TOHOシネマズ シャンテ、グランドシネマサンシャイン池袋 などで公開©2022 Vintage Park, Inc. All rights reserved.

国連が制定した「国際女性デー」(毎年3月8日)は、すばらしい役割を担ってきた女性たちによってもたらされた、勇気と決断を称えることを目的に制定された記念日となっている。

今年のテーマは“invest in women: accelerate progress(女性への投資が進歩を加速させる)”。この日にふさわしい映画として紹介したい作品が『コール・ジェーン ―女性たちの秘密の電話―』。3月22日より新宿ピカデリー、TOHOシネマズ シャンテ、グランドシネマサンシャイン池袋 などで公開される。

人工妊娠中絶の実話を基に描く

女性の権利としての人工妊娠中絶を描いた実話を基にした本作は、中絶が法律的に許されていなかった1960年代のアメリカ・シカゴが舞台。主人公のジョイ(エリザベス・バンクス)は2人目の子供を妊娠するが、妊娠によって心臓の病気が悪化する。

担当医からは緊急に中絶を勧められるも、病院の男性責任者たちからはあっさりと中絶を拒否されてしまう。なぜ命の危険がわかっていながらも本人の身体を優先できないのだろうか。

ジョイは仕方なく、違法ルートに頼って中絶を試みる。たどり着いたのは、違法だが安全な中絶手術を提供する女性主導の活動団体「ジェーン」だった。「ジェーン」を率いるのは、威厳あるフェミニストのバージニア(シガニー・ウィーバー)。彼女に誘われて、ジョイも「ジェーン」に深く関わるようになるが──。

くしくもアメリカでは、共和党支持者が多い地域を中心に人工妊娠中絶に反対する流れが急速に広がっており、中絶を規制する法律を成立させる州が出てきている。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT