(第6回)震災後に加速している製造業の海外移転

(第6回)震災後に加速している製造業の海外移転

6月24日に公表された経済産業省「海外現地法人四半期調査」によれば、2011年1~3月期の海外現地法人の設備投資額(ドルベース)は、前年同期比で62・0%増という極めて高い伸び率を示した。10年7~9月期が36・7%増、10~12月が45・8%増であったので、時間の経過とともに海外移転が加速していることがわかる。

これを国内の設備投資状況と比較すると、どうであろうか?

08年4~6月期以降の民間企業設備投資名目値の四半期ごとの対前年増加率は、表に示すとおりである(複数の統計から作成)。経済危機の影響で、08年下半期から国内の設備投資の伸びがマイナスになった。特に09年は、製造業が大きく落ち込んだ。これとほぼ歩調を合わせて、海外現地法人の設備投資も大きく落ち込んだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT