(第6回)震災後に加速している製造業の海外移転

(第6回)震災後に加速している製造業の海外移転

6月24日に公表された経済産業省「海外現地法人四半期調査」によれば、2011年1~3月期の海外現地法人の設備投資額(ドルベース)は、前年同期比で62・0%増という極めて高い伸び率を示した。10年7~9月期が36・7%増、10~12月が45・8%増であったので、時間の経過とともに海外移転が加速していることがわかる。

これを国内の設備投資状況と比較すると、どうであろうか?

08年4~6月期以降の民間企業設備投資名目値の四半期ごとの対前年増加率は、表に示すとおりである(複数の統計から作成)。経済危機の影響で、08年下半期から国内の設備投資の伸びがマイナスになった。特に09年は、製造業が大きく落ち込んだ。これとほぼ歩調を合わせて、海外現地法人の設備投資も大きく落ち込んだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。