(第6回)震災後に加速している製造業の海外移転

(第6回)震災後に加速している製造業の海外移転

6月24日に公表された経済産業省「海外現地法人四半期調査」によれば、2011年1~3月期の海外現地法人の設備投資額(ドルベース)は、前年同期比で62・0%増という極めて高い伸び率を示した。10年7~9月期が36・7%増、10~12月が45・8%増であったので、時間の経過とともに海外移転が加速していることがわかる。

これを国内の設備投資状況と比較すると、どうであろうか?

08年4~6月期以降の民間企業設備投資名目値の四半期ごとの対前年増加率は、表に示すとおりである(複数の統計から作成)。経済危機の影響で、08年下半期から国内の設備投資の伸びがマイナスになった。特に09年は、製造業が大きく落ち込んだ。これとほぼ歩調を合わせて、海外現地法人の設備投資も大きく落ち込んだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • この新車、買うならどのグレード?
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ドラッグストア再編第2幕<br>マツキヨ+ココカラに続くのは…

スギHDが先手を打ったココカラファイン争奪戦は、マツモトキヨシHDの勝利で決着。1月をメドに新たなトップ企業が誕生します。数年内に3社程度への集約が見込まれる次の再編の焦点は? 首位を追われるツルハHDのトップ直撃も。