「週刊誌を訴える」芸能人続出が暗示する"臨界点" 松本人志、デヴィ夫人ら相次ぐ提訴は何を意味するのか

拡大
縮小
デヴィ夫人が自身のインスタグラムで、『週刊文春』と一般社団法人AMITIE SANS FRONTIERSの関係者を名誉毀損および信用毀損の罪で刑事告訴したことを発表した(画像:デヴィ夫人の公式Instagramより)

2月27日、「芸能人が週刊誌を提訴」というニュースが相次いで報じられました。

まずデヴィ夫人が自身のインスタグラムで、『週刊文春』と一般社団法人AMITIE SANS FRONTIERSの関係者を名誉毀損および信用毀損の罪で刑事告訴したことを公表。これはデヴィ夫人が代表理事を務めていた慈善団体「アミチエジャポン」の資金を持ち逃げし、他の理事とトラブルになっていることなどを『週刊文春』が報じた記事に対する訴えでした。

デヴィ夫人は記事の内容を「事実無根」「断定的な表現で私を貶めようとするもの」「極めて悪質」などと断罪。さらに「様々な謂れのない誹謗中傷を受け、私・娘・孫の心は深く傷つき」「私は、このまま社会から抹殺されるのではないかとの恐怖感も覚えました」などと刑事告訴に至る経緯を吐露しました。

同日、2022年10月に交通事故で亡くなった仲本工事さんの妻で歌手の三代純歌さんが都内で会見を開き、『週刊新潮』、『女性自身』、『週刊女性』に対して名誉毀損による損害賠償を求めた提訴を発表。

損害賠償の請求額は、『週刊新潮』(新潮社)が2200万円、『女性自身』(光文社)が4400万円、『週刊女性』(主婦と生活社)が1650万円の計8250万円で、三代さんは「全然違うことを書かれて、しかも『収益のために週刊誌がこんなに書くのか』と本当に私は許せない気持ちでいっぱいです」「ねつ造してるんだと思います」などと怒りをあらわにしました。

文春との訴訟経験者も積極的に発信

「芸能人が週刊誌を提訴」と聞いて思い起こされるのが、松本人志さんによる『週刊文春』(文藝春秋)の提訴。これまで名誉毀損による損害賠償請求額が5億5000万円であるほか、第1回口頭弁論が3月28日に東京地裁で開かれることなどが報じられています。

また、昨年末の12月29日にもX JAPANのYOSHIKIさんをマネジメントするジャパンミュージックエージェンシーが『女性セブン』(小学館)の記事に対する名誉毀損の損害賠償を求めて提訴。2月19日に第1回口頭弁論が東京地裁で行われ、小学館も争う姿勢を示したことなどが報じられました。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT