「住宅ローン控除」申告で押さえたい9ステップ 必要な書類をそろえて、効率よく申告しよう

拡大
縮小
確定申告の提出期限は、原則2月16日~3月15日です。確定申告の書き方を確認してみましょう(写真:saki/PIXTA)
この記事の画像を見る(8枚)
確定申告の提出期限は、原則2月16日~3月15日ですが、年度末も近づき、何かと忙しい時期ですね。そのため、昨年マイホームを購入した方の中には、「住宅ローン控除の申告が間に合わないかも……」と心配になっている方もいるのでは?
でも、安心してください! 必要書類を手元に用意し、手順通りに記入を進めれば、あっというまに提出準備が完了します!
今回は、住宅ローン控除を受けられる人の条件や申告方法について、『自分ですらすらできる確定申告の書き方 令和6年3月15日締切分』(KADOKAWA)から解説します。

住宅ローン控除の期間は、最長13年

一戸建てやマンションなどの住宅を購入して住宅ローンを組んだ人は、住宅ローン控除(住宅借入金等特別控除)を受けられます。

会社勤めの方は、初めて控除を受ける年だけ確定申告が必要となります(2年目以降は、会社の年末調整での控除が可能。個人事業主の方は、2年目以降も申告が必要)。

住宅ローン控除額は、令和5年に入居した人の場合は「年末ローン残高×控除率0.7%」で計算します。控除額は、住宅の環境性能に応じた4つの区分をもうけて、環境性能が高いほど控除の最高額が上がるしくみです(下図)。

控除期間は、新築住宅が13年、中古住宅が10年です。

控除の対象となるのは、合計所得金額2000万円以下の人であれば、住宅の床面積が50㎡以上の物件です。合計所得が1000万円以下の人であれば、床面積40㎡以上50㎡未満の物件も対象です。

出典:『自分ですらすらできる確定申告の書き方 令和6年3月15日締切分』(P.149)
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT