ホンダ、非公開の株主総会から漏れた「声」

2014年度は品質問題の対応に追われた

6月17日に都内で開かれたホンダの株主総会は非公開。約1900人の株主が集まった。

「もっとゆっくり長いスパンでいいから、じっくり開発してほしい」株主総会の終了後、会場から出てきた女性株主(65)はこう話した。別の男性株主(65)は「八郷(隆弘)新社長にすぐには期待しない。いい意味でホンダイズムを継承していってほしい」と述べた。

こうした声が聞かれるのも、2014年度は営業利益と純利益が3期ぶりの減益と、株主にとって残念な結果に終わったからだろう。2013年9月に発売した基幹車種の「フィット」、同年12月に出した「ヴェゼル」でリコール(無償回収・修理)が相次ぎ、後の新車販売スケジュールに大きな影響が及んだ。また、タカタ製のエアバッグ問題でも対応に追われるなど、一連の品質問題をめぐる混乱が業績の足を引っ張った。

株主総会に緊張感がなかった?

およそ1900人の株主が集まった会場で、ホンダの伊東孝紳社長は、「お客様や株主の皆さまに多大な迷惑、ご心配をおかけして申し訳ない」と、リコール問題に対して陳謝した。

だが、会場を後にする男性株主(67)は納得のいかない様子で、「15年くらい株を持っている。定年退職したので今年初めて総会に出た。あれだけの問題(リコール)を起こしておきながら、緊張感がない。商品が消費者の安全に直結する食品会社の総会に出たこともあるが、よっぽど緊張感があった」と語った。

フィットのリコール問題については、当時、技術部門のトップだった山本芳春取締役(元本田技術研究所社長)が総会で説明したものの、「(問題の)核心に触れていないような気がした」(前出の男性株主)と不満げ。ホンダOBだという別の男性株主も、「フィットやヴェゼルなど、品質面で失敗した責任がしっかり取られていないように思う」と批判的だった。

次ページホンダは変わってしまった?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 買わない生活
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT