「やる気なくても勉強はかどる」スゴい"脳の取説" 「忙しくて誘惑が多い大人」こそ試してほしい

拡大
縮小
三日坊主にならないためにどうすればいいのか(写真:Fast&Slow/PIXTA)

学生時代のみならず、社会人になってからも勉強の必要性が生じる機会は少なくない。しかも「勉強したいからする」というよりは、仕事のために「勉強せざるを得ない」というケースのほうが多いのではないだろうか。

学習方法が激変する「脳の取扱説明書」

勉強脳: 知らずしらずのうちに結果が出せる「脳の使い方」
『勉強脳: 知らずしらずのうちに結果が出せる「脳の使い方」』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

だとすればなおさら、少しでも集中し、より効率的に勉強に臨まなければならなくなる。

そこで多くの人が、自分にとってよりよい勉強法を探し出し、実践しているわけだ。

とはいえ、そうして見つけ出した対策が、本当に効果的であるとは限らない。

認知心理学者である『勉強脳: 知らずしらずのうちに結果が出せる「脳の使い方」』(ダニエル・T・ウィリンガム 著、鍋倉僚介 訳、 東洋経済新報社)の著者も、どうやらその点が気にかかっていたようだ。

そこで、「脳の取扱説明書」であるという本書では“学習のやり方をみるみる変える方法”を紹介しているのである。

この本を読めばなんの努力もせずに学習できるようになる――とは、約束できません。脳のしくみはそういうふうにはなっていないからです(もし、世の中にそんなおいしい学習法があるという人がいたら……あなたからお金をだまし取ろうという人ですから、気をつけましょう)。
しかし、学習をかなり効率化できるということは約束できます。
また、学習のスピードアップができ、一度学んだことを長いあいだ忘れないでいられるようにもなるでしょう。
皆さんは脳のしくみにちょっと詳しくなり、どこで挫折しやすいかもわかるようになります。(「はじめに 脳のしくみがわかれば『学び』はもっと効率化できる!」より)
次ページ意識しなくてもいつのまにか…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT