爆速で成長、中国BYD「テスラキラー」誕生の秘密 笑いものだった会社はなぜ頂点に立てたのか

拡大
縮小

2003年、BYDはガソリン車を製造していた西安の工場を買収した。ところが、出だしから問題を抱えた同社には当初、ポンコツ車のメーカーという悪評がついてまわった。2006年に工場を訪問したとき、組み立てラインの最後にある大きな補修エリアは、すでに補修が必要な新車であふれかえっていた。

BYDの販売は、中国市場が急成長する中で増加していった。著名投資家のウォーレン・バフェットが2008年に2億3000万ドルで10%近い株式を購入したことで、BYDには資金だけでなく、世界的な地位がもたらされた。この年、王は2年以内にバッテリー式EVの対米輸出を開始すると約束した。

一時は疑問視された将来性

ところが、当時のEVは製造コストが高く、航続距離も限られていたため、アメリカ市場への参入計画は中止せざるをえなくなった。2011年のインタビューで王は、バッテリー式EVを重視する姿勢を修正している。

インタビューの中で王は、自動車メーカーはガソリンと電気のハイブリッド車に注力すべきだとしたうえで、「中国市場にはまだ、EVに対する大きな可能性がある」と述べていた。

2012年になる頃には、中国の自動車生産は需要に追いつき、消費者がえり好みをするようになっていた。よりスタイリッシュなモデルを提供する多国籍企業を前に、BYDの自動車販売と株価は急落。業界幹部やアナリストらは、BYDの将来性を疑うようになっていた。

だが、王は2つの危険な賭けに出て、それらが報われることになる。

2016年、王はアウディの大物デザイナー、ヴォルフガング・エッガーを引き抜いた。エッガーはその後、大胆な嗜好を持つ自動車エンジニアを何百人と雇い入れ、彼らによってBYD車のデザインは様変わりした。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT