米フォード、中国工場を「輸出拠点」に転換の思惑 「とても儲かっている」とファーリーCEOが本音

✎ 1〜 ✎ 146 ✎ 147 ✎ 148 ✎ 最新
拡大
縮小
フォードは中国工場で生産した自動車を主に東南アジアや中東の市場に輸出している。写真は自動車運搬船への積み込みを待つ中国製フォード車(同社ウェブサイトより)

アメリカ自動車大手のフォード・モーターが、中国戦略の大幅な見直しを進めている。その要点の1つは、中国工場の輸出拠点化だ。

「中国からの輸出は今や非常に重要だ。EV(電気自動車)であれエンジン車であれ、わが社の中国拠点の輸出ビジネスはとても儲かっている」。フォードのジム・ファーリーCEO(最高経営責任者)は2月6日、2023年通期および同年10~12月期の業績説明会でそう述べた。

決算報告書によれば、フォードの2023年のグローバル売上高は1762億ドル(約26兆788億円)、調整後EBIT(利払い・税引き前利益)は104億ドル(約1兆5392億円)だった。同社が力を注ぐEV事業は赤字が続いており、EBITベースで47億ドル(約6956億円)の損失を計上した。

余剰生産能力を輸出に振り向け

フォードは今回の決算で、中国市場単体の業績は開示していない。だが、決算報告書のなかで「北アメリカを除く地域の収益性とキャッシュフローが増加に転じた」と述べ、海外事業の業績改善を示唆。その要因について「中国やその他の地域で投資を抑制した効果が反映された」と説明した。

中国事業に関して、フォードが輸出拠点化を含む戦略転換を打ち出したのは2023年5月のことだ。中国市場への投資額を全体的に減らし、利益率の高い事業に集中すると宣言した。

具体的には、中国市場での販売車種は(利幅が大きい)SUVと(ピックアップトラックなどの)商用車を主力にし、中国工場の余剰生産能力をエントリークラスのEVとエンジン車の輸出に振り向けるというものだ。

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT