中国自動車市場で「EV・PHVの価格競争」に拍車 BYDの「42万円値下げ」に競合メーカーが追随

✎ 1〜 ✎ 147 ✎ 148 ✎ 149 ✎ 最新
拡大
縮小
BYDはエンジン車並みの価格で大ヒットした「秦PLUS」を、さらに約42万円も値下げした(写真は同社ウェブサイトより)

中国の自動車市場で、EV(電気自動車)やPHV(プラグインハイブリッド車)の価格競争に拍車がかかっている。2月前半の春節(旧正月)の大型連休が終わるやいなや、複数の自動車メーカーがエントリークラスのEVやPHVの大幅値下げを発表した。

口火を切ったのは比亜迪(BYD)だ。同社は2月19日、エントリークラスの人気車種「秦PLUS」のPHV版とEV版の2024年モデルを発表。メーカー希望価格を2023年モデルより2万元(約42万円)も引き下げた。すると、上汽GM五菱、長安啓源、哪吒汽車、吉利汽車などの競合メーカーが即座に後を追った。

「2024年の価格競争に勝ち残れない自動車メーカーは、淘汰されるか他社に買収されるかしかないだろう」。財新記者の取材に応じた自動車業界関係者は、そう予想する。

「エンジン車並み」価格で大ヒット

中国のEVおよびPHVの市場で価格主導権を握っているのは、現時点ではテスラとBYDだ。それ以外のメーカーは、販売台数を伸ばすために短期的な利益を犠牲にして価格を下げているのが実態と言える。

EVやPHVは高コストの車載電池を搭載しており、常識ならエンジン車よりも販売価格が高くなる。それを打ち破ったのがBYDだった。エントリークラスのEVやPHVの価格をエンジン車並みに引き下げ、エンジン車から市場シェアを奪う戦略をとったのである。

同社が2023年2月10日に発売した秦PLUSのPHV版の2023年モデルは、メーカー希望価格が9万9800元(約208万円)からと、中国市場で販売されるPHVとして初めて10万元(約209万円)を切った。同年3月に発売されたEV版(メーカー希望価格12万9800元[約271万円]から)とともに、秦PLUSシリーズは2023年の販売台数が48万台を超える大ヒットを記録した。

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT