有料会員限定

最新版!「寄付金収入が多い私立大学」トップ200 22年度寄付金を多く集めた大学、1位慶大、2位は…

✎ 1〜 ✎ 49 ✎ 50 ✎ 51 ✎ 最新
拡大
縮小

東洋経済「私立大学財政データ」から見るランキング。ここでは「寄付金」の多い私立大学上位200校を紹介。

慶應義塾大学
寄付金トップは慶應義塾大学(写真:MARODG / PIXTA)

特集「本当に強い大学」の他の記事を読む

少子化が進み大学の募集停止が相次ぐなか、政府は理系強化の方針を打ち出す。ターニングポイントを迎える中、大学側はどう対応するのか、そして実力を発揮する「本当に強い大学」はどこか?  『週刊東洋経済』では毎年、臨時増刊『本当に強い大学』を刊行し、最新の大学の現状や課題をまとめている(2023年版の購入はこちらから)。
ここでは、その誌面で作成・利用するデータ等を活用し、各種ランキングを作成している。今回は、大学の財務に着目し、東洋経済「私立大学財政データ」から私立大学の「寄付金」の多い大学を紹介する。
本当に強い大学2023 (週刊東洋経済臨時増刊)[雑誌]
『本当に強い大学2023 (週刊東洋経済臨時増刊)』(東洋経済新報社)。書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

私立大学の収入の柱は、学生が支払う入学金や授業料といった「学費」(学生生徒等納付金)で、全収入の6~7割を占めている。さらに国や自治体からの補助金を得ているが、これだけでは教育や研究の費用を賄いきれない。

そこで各大学は、外部資金の獲得に注力している。外部資金とは、研究受託などの事業収入や、資産運用による収入などが挙げられるが、大きいのが「寄付金」だ。

質の高い教育を実現するために、卒業生や在学生の保護者、大学関係者、企業などから寄付金を募っている。では各大学の寄付金の額はどの程度になっているのか?

それを把握するために作成したのが、「寄付金収入が多い私立大学ランキング」だ。

資金収支計算書の「寄付金収入」でランキング

寄付金の実績は、大学のホームページなどで開示されていることが多いが、今回は横並びで比較ができる財務諸表から、その金額を調べた。財務諸表の中で、寄付金の金額は、事業活動収支計算書と資金収支計算書に記載されている。

事業活動収支計算書の場合、「教育目的」の寄付金と「施設整備」のための寄付金にわかれ、施設整備の寄付金は特別収入の部に入るので、公開データだけでは金額を読み取れない大学も少なくない。

そこで、今回は東洋経済「私立大学財政データ」をベースに、2022年度(2023年3月期)の資金収支計算書の「寄付金収入」をランキングに使った。

資金収支計算書は文字どおり、資金の収支を把握するもので、基本的にキャッシュの収支と考えてもらえればいい。

つまり、主に現金で得られた、寄付金の額ということになる。一方で、書籍の寄贈や施設の提供など、「現物寄付」は算入されていない。大学の収支を把握する事業活動収支計算書には現物寄付が算入されているため、大学によって金額には大きな差があるので注意していただきたい。

あわせて大学の規模を表す総資産を併記した。大学の規模に対してどれだけの寄付金を得ているか、その参考にしてもらいたい。

では、ランキングを見ていこう。1位は慶應義塾(慶應義塾大学)で、金額は62.59億円だ。2021年度は89.18億円、2020年度は112.83億円集めていたが、減少が続いている。

次ページ私立大学寄付金ランキング 1〜50位
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
本当に強い大学
首都圏、東海、関西、「お買い得」の大学を探せ
「工学=男性」は過去に、STEM人材を増やせ
大学経営を私物化、再発防止策で変わるのか
本格化する改革論議、教育現場からは混乱も
不動の1位を守った東大、慶応の順位が上昇
12の学部系統別でみる大学・学部の人材育成力
1位、2位は国立の工学系大学、女子大も目立つ
MARCHや国公立大学に対抗できるところもある
「関関同立」や「産近甲龍」に匹敵する大学も
核になっている大学は愛知大、名城大、中京大
北海道、東北、中国・四国、九州・沖縄地区を解説
1位は順天堂大。付属病院持つ大学が上位独占
キャンパス「資産」が受験生らへの魅力に直結
1位は東海大学、コロナ禍の影響により補助金増加
子育て、介護…上位は福祉系の学校法人が占める
トップは慶應、2位早大、3位は創価大と永守学園
1位は川崎医科大、コロナ関連補助金が押し上げ
10%以上理想だが教育研究投資とのバランス大事
移行期間で新科目・情報は「0点配点」措置の大学も
3000億円の基金創設し成長分野への学部転換支援
ほかの専門分野との掛け合わせがトレンド
一橋はデータ系学部新設、東工大は女子枠設ける
中大は「都心回帰」実現、理科大の学部再編続く
立命大は24年に2学部移転、龍谷大は心理学部新設
東工大と医科歯科大が統合し「東京科学大」誕生へ
厳しい環境が続く日本の大学の現状と今後は
課題解決より広報活動の一環と考えていないか
独自評価で総合ランキング。不動の1位は東大
有名400社就職率、難関業界等への就職実績
警察官や自衛官を目指すなら日本文化大学
早稲田が慶應を逆転、武蔵大はGMARCH入り?
別格の関西国立御三家に私立は同志社がトップ
将来性、指導難度…自分に合った「年内入試」は?
京都大学名誉教授・竹内洋氏インタビュー
リーダーシップの強調で現場の自主性が喪失
23年版を地域別に並べ替え、4位一橋大、10位創価大
現場の反対よそに、7日にも強行採決の可能性
23年版を地域別に並べ替え、1位名大、2位豊田工大
23年版を地域別に並べ替え、1位京大、4位同志社
23年版を地域別に並べ替え、1位東北大、2位北大
23年版を地域別に並べ替え、1位岡山大、2位広大
23年版を地域別に並べ替え、1位九大、2位APU
23年版の私大トップは早稲田、2位慶應、3位は…
公立大学のみでランキング、1位は国際教養大
定量データで教育・研究力を評価、1位は東京大学
就職率や上場役員輩出数で評価、1位は慶應大
入学定員倍率や経常利益率で評価、1位千葉工大
外国人学生比率や留学協定校数で評価、1位はAPU
国立大学のみでランキング、東北大学が2位
22年度寄付金を多く集めた大学、1位慶大、2位は…
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料法人プランのご案内