懸命に働く人に教えたい「社畜化」せず生き抜く術 経済評論家・山崎元が指南する「これからの働き方」

拡大
縮小
会社の奴隷のような働き方をさけるためにやるべきこととは?(写真:y.uemura/PIXTA)
経済や金融に関する数多くの書籍を執筆し、ビジネスパーソンからの絶大な支持を受けていた経済評論家の山崎元さんが今年1月に65歳の若さで亡くなった。その山崎さんは医師からの「余命宣告」を機に、大学に合格した息子に宛てて1通の手紙を書いていたという。山崎さんがわが子に伝えたかった「これからのビジネスパーソン」のあり方とは、いったいどんなものだったのだろうか。
闘病中に山崎さんが書き下ろした『経済評論家の父から息子への手紙』から、一部を抜粋・編集して紹介します。

株式投資の正確な意味を知る

株式に投資することの意味をあらためて考えてみよう。

・株式投資はなぜ儲かると期待できるのか?

・株式投資で儲けるためには経済成長が必要なのか?

・株式投資の儲けは誰が供給してくれるのか?

・株式投資は必ず儲かるものなのか?

・株式投資家は今後何に注意するといいのか?

・株式と上手く関わって働くための目の付けどころはどこか?

といったことについて深く理解しておくことは世の中の理解としても有益だ。株式投資の目的を一言にまとめると、「リスクプレミアムのコレクション」だ。意味を理解して覚えておけ。

まず、「会社」とは何か。会社とは「人がお互いを利用するために作るもの」だという定義が父(山崎元)は気に入っている。

実業家の堀江貴文氏が若いころに『稼ぐが勝ち』という著作の中で述べていたものだと記憶するが、たとえば、経営者は社員を利用するが、社員も会社がなければ仕事にありつけないのだとすると、会社や経営者を利用している。技術者、工場労働者、営業担当者、経理財務担当者、など会社のメンバーたちが相互に他人を利用していることは言うまでもない。

次ページそれでは「会社」が行う生産とは?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT