高スペックでも未婚、独身男子の本音座談会

今どき男子の結婚観

Aさん(43)
外科医。都内で一人暮らし。家具はIKEAで揃える。趣味は読書。夕食はカップラーメンの日々。年収は約1500万円(撮影/工藤隆太郎)

Cさん 後輩女子に、常に10人くらいの「友達以上彼氏未満みたいな男性」のストックを持っている人がいました。まるで鵜飼いみたいに……。

Dさん 一日4件の合コンをこなしているという女性もいましたよ!

水無田さん 統計でみると結婚する相手との交際年数は平均4年です。結婚準備に1年かかると考えるから、女性は「3年」がリミットのようです。そこで決断しない男性なら「なし」となる。みなさんが経験した「3年付き合った彼女との別れ」はまさにこれですね。でも女性の気持ちを代弁するなら、男性が全然結婚したがらないという意見もあります。みなさん、今はどれくらい結婚したいですか?

直球で年収は引く

AさんBさん 100%です。

Dさん 90%。子どもが欲しいので。自分の赤ちゃんのときの写真を見たら可愛くて欲しくなりました。

Cさん 僕は50%くらい。会社には若くして結婚した人もいるけど、30代になって離婚した人もいる。離婚理由は、手もつながないし、話もしない。子どもがいると、旦那はお金を持ってくればよくてあとは用済みだから。そんな話を聞くと、結婚に価値があるとは思えない。最近はひとりの老後をどうやって過ごすか考え始めました。

Bさん 女性は現実的ですからね。

Cさん 今の女性たちは、職業とか、年収を男性に期待するから合コンでもずけずけ聞いてくる。「職業とか収入なんてなんでもいいから、頑張っている男性が好きだ」と言ってくれればいいのに。

Dさん いますよね。合コンで「年収どれくらい?」と直球で聞く女性。あれは正直引きます。「もしあなたがリストラされても、私が稼ぐから大丈夫だよ」って言ってくれるほうが、守りたいっていう男魂に火をつけると思うんだけど。「リストラされたら、そんな泥舟からは逃げる」と答えた女性がいて、正しいのかもしれないですが、ちょっと驚きました。

忙しくても笑顔の人

Bさん(36)
コンサルティング会社勤務。都内で一人暮らし。遠方の取引先が多く、土日関係なく駆け回る。年収は約1100万円(撮影/工藤隆太郎)

Aさん でも逆に女性に年齢を聞くと怒られますよね。紹介したい子がいると言われて「可愛くて料理がうまい子だよ」と言われたから「年は?」と聞いたら、「年をストレートに聞くなんて失礼です」とメールがきた。紹介されるからには事前にちゃんと知っておきたかったのに。僕は医者で不妊治療の大変な状況とかを見聞きしているので、自分の年齢を棚に上げて本音を言うと、結婚する相手の女性は30代前半までがいいと思いますね。

水無田さん 結婚相手について「女性は年収、男性は年齢」を気にするという話が出てきましたが、結婚するなら、どんな女性がタイプですか?

Dさん 意識が高い人がいい。共働きが理想なので。

Bさん 社会常識のある自立した女性が理想です。僕は一人暮らしが長いので、だいたいのことが自分でできる。それなのに、電気やガスの契約の仕方も分かっていないなんていう女の子がいて、そういう子は嫌ですね。最初は可愛いなと思っても、仕事が忙しい時に聞かれると、勝手にやってくれと思ってしまう。

Aさん 社会常識が身についている子は、友達に会わせても、どこに連れていっても恥ずかしくない。そういう賢い子が好きです。あとは穏やかな人。普段、仕事で疲れているのでケンカは嫌です。あと、いつも笑顔な人がいいですね。仕事が忙しくても笑顔でこなす心身ともに健康な人。自分もそうであるよう気をつけていることなので。

水無田さん Aさんはずいぶん人間のスペックが高い人がいいんですね。人間的な頭の良さは数値化できない能力で、お見合いの釣り書きに書かれないことだから、すぐには分からないですよね。

次ページでは理想のお嫁さんはどんなタイプ?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • トランプ派メディアの実態
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。