高スペックでも未婚、独身男子の本音座談会

今どき男子の結婚観

Aさん だから、なかなか独身を抜け出せない!!

乙女な部分は残して

Cさん(38)
IT系会社勤務。趣味はゴルフ。社会人になって学校に通い直し、転職を経て現職。母親と2人暮らし。年収は約600万円(撮影/工藤隆太郎)

Dさん 僕はできれば、原石級の女性に出会いたいんです。女子磨きってありますよね。あれって適度なところでやめないと結婚の弊害になる気がする。男子から見ると、必要経費が高そうで近づけない。僕は料理が趣味で、時々ケーキを焼いたりするのですが、だからといって相手が料理を作れなくてもいいんです。でも、ただ一つ水回りは気になる。やっぱり、あのクリーンじゃない部分がいつもきれいな人だといいじゃないですか。

水無田さん それって、お姑さんに言われるよりきついかもしれません。

Cさん 確かに、僕も前の彼女が前日の晩ご飯のお皿を洗わずに置いてあったのを見て引きましたね。

Dさん シンクの汚れは気になりますよね。僕にはできない家事があって、それはほつれたボタンを付け直すこと。あれをやってくれたら一発で好きになる。

Aさん 今日僕は、ボタンを自分で縫い付けてきました。24年一人暮らしをやっていると何でもできるようになるんですよ(笑)。

Cさん 僕は今、母親と一緒に暮らしているのですが、快適です。仕事で遅く帰ってもご飯が出てくる。昔から母と仲がいいんです。会社で結婚している人を見ていると、奥さんに「今日仕事が遅くなるからご飯いらない」とかコソコソ電話している。あれは大変そうだなと。

Aさん 大学の後輩の女性たちを観察すると、家庭を任せられるなと思う子から順にちゃんと結婚している。やっぱりそういう子から選ばれていくんだなと思います。だから独身を謳歌している人じゃなく、誰もが結婚したくなるような子なんだけど、たまたま結婚でもめて別れたばかりという女性と、うまいこと出会って結婚できたらいいなって。

水無田さん でも、家庭を任せられるからといって、「肝っ玉母ちゃん」みたいなビジュアルは嫌でしょ?

Dさん ちゃんと乙女な部分は残しておいてほしい(一同うなずく)。

水無田さん みなさん、結婚したいと言いつつも、全然誰でもいいわけじゃないんですね。どんな出会い方が理想ですか?

Bさん 20代のときは、恋愛ドラマみたいな出会いが理想的だと思っていました。ハンカチを拾って彼女が振り返って……みたいな。でも実際は合コンなど出会える場所に行かないと機会もない。だから、最近は仕事が忙しくても断らずに積極的に行っています。

Cさん この前、話題の「街コン」に行きました。でも、自然じゃないんです。女性もガツガツ聞いてくるから僕には合わなかった。

Aさん 結婚相談所を利用しようと思ったのですが、自分が求めているところがスペックでは判断できないところなので諦めました。やはり、普通の恋愛結婚が理想です。

「スピード感が違う」

Dさん(37)
サービス業。都内で一人暮らし。料理が得意で、会食がない日は3食手作り。お菓子作りが趣味。年収は約900万円(撮影/工藤隆太郎)

Dさん 僕は「大学で出会って社会人2年目に結婚」っていうのが最高だと思う。結婚式で「出会いは友達の友達です」というのはだいたい合コン。それってやっぱり自然な出会いじゃないから。

Bさん 最近は親がお見合いの話を持ってきます。しまいには、近所の人までいい人がいると言ってくれて。自分はどんだけ心配されているんだろうって。ありがたいですがショックでした。結局会わなかったです。

Cさん 30代後半になって結婚していないというのは、決定的にヤバいところがあるんじゃないかと、どこに行っても言われます。

Aさん 僕は今43歳ですが、1年以内に結婚できないなら妥協しようと思うくらい焦ってます。40代になると急にモテなくなる。スピードアップしないと間に合わないと感じていて、これが30代前半の結婚したい女子の気持ちなのかと。

次ページ男子も意外と寂しがり
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行員の岐路<br>30万人の明日はどっちだ

超低金利、過剰な店舗、デジタル化対応にフィンテックの台頭。大きな課題に直面する銀行の苦悩は、岐路に立たされる銀行員たちの姿でもある。3メガバンクの人事改革、銀行員の転職事情、地銀決算ランキングなど、銀行員必読の特集。