岸田首相が派閥解散で描く「楽観シナリオ」の中身 裏金問題の「すり替え」批判で退陣の可能性も

✎ 1〜 ✎ 13 ✎ 14 ✎ 15 ✎ 最新
拡大
縮小
派閥の解散を打ち出した岸田首相(写真:Bloomberg)

自民党派閥の裏金問題は、安倍派の国会議員3人と安倍派などの会計責任者らが立件され、刑事事件としてはひと区切りがついた。安倍派の「5人衆」と呼ばれた幹部たちは不起訴処分となったが、検察審査会での審査が始まりそうだ。

岸田文雄首相は自らが率いてきた派閥、宏池会(岸田派)の解散を打ち出し、政治刷新に向けた指導力を示そうと躍起だ。裏金問題を派閥問題にすり替えようという作戦だ。

しかし、今回の事件の本質は派閥の存在にあるのではなく、安倍派などが政治資金パーティーで集めた資金を裏金として私物化したことだ。自民党の派閥をめぐる騒動はまさに茶番である。1月26日からの通常国会で、野党側は裏金問題の真相解明などを強く求める構えだ。

岸田首相が正面から答弁できなければ、新年度予算案の審議は混乱必至。求心力を欠く岸田首相が退陣に追い込まれる流れは加速する可能性があり、政局は緊迫した状況が続く。

岸田派の元会計責任者も立件された

東京地検特捜部はすでに、安倍派の池田佳隆衆院議員を4000万円超の政治資金不記載容疑で逮捕。同容疑で大野泰正参院議員を在宅起訴、谷川弥一衆院議員を略式起訴した。安倍派の会計責任者、二階派、岸田派の元会計責任者も立件された。

岸田首相は、この元会計責任者の立件を受けて岸田派の解散を表明。安倍派は幹部たちが軒並み、裏金を受け取っていたことが判明。責任を取って閣僚や党役員の辞任に追い込まれた。逮捕、起訴された議員も出て、事実上「流れ解散」に追い込まれた。二階派も解散を決めた。残る麻生派、茂木派は「関係者が立件されたわけではない」として存続する方針で、対応は分かれることになった。

次ページ裏金問題の中身
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT