盲目的「推し活」が人間関係に及ぼすマズい影響 「欠点の見えない推し」を推し続ける事の欠点

拡大
縮小

ナルシシズムの充足はキャラクターやインフルエンサーのほうがお手軽だとしても、ナルシシズムの成熟可能性という点では、身近なところの自己対象のほうがずっと見込みがあります。

インフルエンサーやキャラクターを「推し」として、理想化自己対象としてどんなに体験したとしても、職場の上司や、部活の先輩を理想化自己対象としてナルシシズムを充たすことはできません。

上司や先輩、同僚や自分の属するグループなどを自己対象として体験できているかできていないかで、職場でナルシシズムが充たされる度合いは変わり、居心地やモチベーションはもちろん、職場でのスキルアップや職場の人間関係や周囲からの評価までもが変わっていくでしょう。

そのことを思うと、身近なところに自己対象として体験できる人がおらず、ディスプレイの向こうのキャラクターや遠くのインフルエンサーだけを自己対象とし、ナルシシズムを充たす頼みの綱とするのがベストとは思えません。

人間関係を簡単に切れる時代に考えたいこと

SNSやインターネットの時代を迎えて、私たちは単にナルシシズムを充たすだけなら非常にイージーな時代を迎えています。そのかわり、気に入らないところや欠点のみえる人との人間関係を簡単に切ってしまいやすく、そうでないキャラクターやインフルエンサーに鞍替えしやすくなりました。ケンカをしてしまった人や見解の相違を含む人、ときには争うこともある人と人間関係を続けにくい時代を迎えたとも言えます。

そんな時代だからこそ、今、身近にいる友達や先輩、上司や先生、後輩といった人たちが自己対象として体験できるなら、その関係はなるべく大切にしたいものです。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT