守安功・ディー・エヌ・エー次期社長--スマートフォンのソーシャルゲームには巨大な可能性、世界制覇へ積極策を続ける


 南場は英語が堪能で海外とのやりとりに不自由はなかった。私は南場のように流暢ではないが、海外とのコミュニケーションについては、米国のゲーム開発子会社ngmocoのCEO、二ール・ヤングを当社の取締役に就けるなど、体制を強化している。

--新社長としての戦略は。

ソーシャルゲーム、スマートフォン、グローバル展開。この3つを軸にしていくことに変わりはない。これをさらにスピードアップさせる。2014年度に売上高5000億円、営業利益率50%という中期経営計画も変えない。この計画は私も取締役として関わった組織としての決定なので、変えないのは当然だが。

--スマートフォンでも、フィーチャーフォンで築いたモバゲーの成功モデルは通用するのか。

スマートフォンでのゲームは、フィーチャーフォンと同じようにブラウザ上で行うものと、ゲームアプリとして行うものと、二つの形態があると考えている。

現時点では、モバゲーユーザーの圧倒的多数がフィーチャーフォンで利用している。彼らがスマートフォンに買い換えた際にも同じように遊べるように、各タイトルのスマートフォンブラウザへの移植をすすめているところだ。これは数週間から1カ月もあれば対応できるちょっとした開発で済む。

スマートフォンのブラウザ版での利用状況を見ていると、継続率やARPU(利用単価)などキー指標はいずれも、フィーチャーフォンと変わらない。今のフィーチャーフォンでのモバゲーに満足していただいているユーザーは、比較的スムーズにスマートフォンのブラウザ版に移行してくれそうだ。

しかし、単なる移植ではスマートフォンの力は生かし切れない。スマートフォンならではのソーシャルゲームを出すにはやはりアプリ版が重要だ。

すでにアンドロイド向けに、アプリゲームとして、忍者ロワイヤルなどの自社開発タイトルを3つ、サードパーティからも約10タイトルを提供している。アップルのiOS向けにも投入する。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT