「87歳現役医師」が健康のため毎日必ず食べる3品 「30年間風邪知らず」「大病経験なし」驚く食生活

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3
拡大
縮小

まず、私の1日の食生活からお話ししましょう。

【毎日欠かさない3つのもの①】だし汁たっぷりの湯豆腐

朝はほとんど食べません。ココアと昆布茶を1杯ずつ飲む程度。お昼は病院にいるときは、患者さんと同じものを食べます。病院食ですから栄養のバランスはしっかり取れています。

自分の好きなもの、食べたいものをいただくのは夜です

前回記事に述べた通り、私の夕食は必ず晩酌とともにあります。晩酌のために1日頑張っているようなものです(笑)。

だから夕食は当然ながら、お酒に合うもの、お酒のおつまみとなります。6時に病院の食堂の私専用の席に行くと、食事を作ってくれるスタッフが私の好物をビールとともに並べてくれています。

まず毎日欠かさないのが「豆腐」です。豆腐は私の大好物ですが、冬でも夏でも湯豆腐でいただきます。

このときに使う「昆布で取っただし汁」が私の健康に大いに寄与してくれているのです。

「骨の健康」を意識する

この年齢になると「骨の健康」が大事です。

骨といえばカルシウムですが、カルシウムだけでなくリンも必要です。そしてこの2つが理想的なバランスで含まれているのが昆布だというのです。

そんな話を私の食事を作ってくれるスタッフに話したら、「それなら湯豆腐を作るときに、たっぷりだし汁を作りましょう。そのだし汁をウイスキーのチェイサーにして飲んだらどうですか?」というのです。

それはいいアイデアだと思い、以来、チェイサー代わりに「昆布だし」を飲むようになりました。これが非常にいい。ただの水を飲むよりはるかにおいしいのです。

しばらくすると、まわりのみんなに「先生、髪の毛が黒くなってきたんじゃないですか?」といわれるようになりました。

自分ではあまり気にしていなかったのですが、白髪が多かったのが黒くなってきたのです。「昆布は髪の毛にいい」というのが、少なくとも私の頭では立証できました。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT