亀山ブランドの“終焉”、液晶のシャープに迫る危機感


 10年末に発売した電子書籍端末「ガラパゴス」も振るわない。当初、今期中に「100万台達成」という強気な販売目標をブチ上げた。だが、大阪にあるヨドバシカメラによれば、1日の販売台数は多くて3台。当初見込んだ量の10分の1以下という。

過去10年、日本の家電業界はシャープの時代だった。2000年代を通じて同業のソニーやパナソニックが一度も過去最高の営業利益を計上できなかった一方、シャープは実に5回も最高益を更新した。しかし、その高成長を支えた液晶が崩れた今、行き先を深い霧が覆っている。

◆シャープの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

(西澤佑介 =週刊東洋経済2011年6月18日号)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT