マクドナルドと「ライバル外食」を分析する

「独り負け状態」に歯止めはかかるか?

さらに注目すべきは、一過性の損失をまとめた「特別損失」の中にある「減損損失」77億円です。採算がとれない店舗については、その貸借対照表上の価値を下げなければなりません。こうして出た損失が減損損失です。

また、「上海福喜問題関連損失」として22億円が計上されています。これは賞味期限切れの鶏肉問題の発覚に伴って発生した、原材料の廃棄費用、品質管理の強化を告知するための費用です。

以上のことから、最終損益が前の期は51億円の黒字だったのが、この期は218億円もの最終赤字を計上しました。11年ぶりの純損失となったのです。営業段階でも最終利益でもマイナスという、かなり厳しい状況に陥っていることがわかります。

300億円も現金が流出!だが財務にはまだ「余裕」

続いて、貸借対照表(9~10ページ参照)を見てみましょう。これだけ業績が悪化していても、マクドナルドは抜群の安全性を維持しています。中長期的な安全性を示す自己資本比率(純資産÷資産)は78.6%ありますから、かなり高い水準です。まだまだ財務余力はあるのです。

ただし、苦境が若干現れてきている部分があります。資産の部にある「現金及び預金」と「有価証券」の項目です。この2つを足し合わせますと、前の期は601億円あったのが、この期は286億円まで減少していますね。およそ300億円の現金が流出しているのです。

これと併せて有利子負債を調べますと、長期借入金が5億円のみ。銀行とのお付き合い程度の金額しかありません。しかしこれ以上、手持ちの現預金が減りますと、今後は借り入れを増やしていく可能性があります。

つまり、業績自体は悪化していますが、財務内容は依然として抜群にいい状態ですから、次の戦略を打つ余力は十分にあるのです。戦略の内容次第では、復活の可能性もあるでしょう。

次ページブランドイメージをどう回復させるのか
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 親という「業」
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT