10年ぶり刷新!セブン「サンドイッチ」の凄み

「丸刃スライサー」で食感が変わった

近年の小麦をはじめとする原料価の高騰に対しても、各方面の担当者が頭を寄せ合い、コストを見直すなどの工夫を行っている。

「輸入原材料の値上げで厳しい状況は、どこも同じです。商品価格に添加するわけにはいきません。コストを下げながら、さらに商品価値を高めるための努力を続けて行かねばなりません」(佐藤さん)。

このようにして開発されたオリジナル商品は、全国161の専用工場(セブン-イレブンの商品専用の工場)、チルド物流の仕組みなどのインフラによって、一定した品質のもと、消費者の手に渡る。

例えば、保存料・着色料無添加のサンドイッチ、おにぎり、お弁当などを実現できているのも、工場から店舗への物流に至るまで、温度管理が徹底されているゆえである。サンドイッチやサラダなどのチルド商品については、5℃前後の低温度帯で管理されるほか、1日に3回の配送を行うことで新鮮さをキープする工夫をしている。

1つのエリア内に店舗を集中させて出店する「ドミナント方式」の効果も、認知度が高まるということだけではない。大きなメリットの一つが、配送センターから各店舗への物流効率が高まり、商品がより新鮮な状態で届くということだ。

コンビニとしての大きな課題は、変化するお客のニーズに対応していくことだ。例えば来店客の傾向としては、年々、年齢が高まっていること、女性客の増加などが挙げられる。取り組みの一つとしては、年齢層や性別に特化した商品の開発も行われているという。

目指すは「誰が食べてもおいしい」

「ただ、サンドイッチは主力商品であり、誰もが購入する基本の商品です。ですから『誰が食べてもおいしい』ことが大切です。今回、大規模なリニューアルを行いましたが、これをゴールではなく、スタート地点として『どこにも負けない味』を目指して行きます」(佐藤さん)。

セブン-イレブン全店の年間売上高は3兆7812億円。1974年の第1号店出店から拡大を続けている。店舗数の増加に比例して売り上げも伸びる理屈だが、社としては当然、1店舗あたりの売り上げを伸ばすことが望ましいわけだ。

平均日販を見てみると66.4万円で、2番目に高いA社の54.2万円に比べても10万円以上の差がある(同社の公表データより)。1日平均の客数や客単価についても他社より高く、数字の上でも「ナンバー1」であることが見て取れる。その高い評価には、お客目線で「どこにも負けない商品」を目指す「チームの力」の貢献もあるのだろう。
 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT