10年ぶり刷新!セブン「サンドイッチ」の凄み

「丸刃スライサー」で食感が変わった

具材については、定番食材であるツナ、ハム、卵サラダをリニューアル。しっとりしたパンにマッチするよう「ジューシーさ」をコンセプトに変更を行った。例えば卵サラダは、半熟ゆで玉子を配合してしっとり感をアップしている。

「しっとり感」がにじみ出ている

なお、あまり知られていない事実だが、サンドイッチの卵サラダやおでんのゆで玉子に使われている卵は、セブン-イレブンのオリジナル。鶏の餌にハーブを混ぜており、卵により旨味やコクが感じられるのだそうだ。

舌に触れる部分が滑らかに

食パンを切るスライサーだけでなく、具材を挟んだ後、三角形にカットするためのスライサーも変更。2種のスライサーを具材のやわらかさに合わせて使い分けることで、断面が崩れることなく、きれいに切ることができるようになった。舌に触れる部分がなめらかになり、具材のおいしさがダイレクトに感じられるという理屈だ。こうした小さな工夫を積み重ねることにより、素材そのものの味がより生かされ、サンドイッチ全体としてのおいしさを作っているのだ。

「当社にとっては本当に大きなリニューアルなので、我々開発担当者もその分プレッシャーを強く感じており『絶対、おいしいものにしなければ』という思いがあります」(佐藤さん)。

全国展開に先立って一部、新しくなったサンドイッチが売り出されている地域では、すでに「おいしくなった」との満足の声が寄せられているそう。とはいえ東京をはじめとする大部分の地域はこれから。期待する反面、まだまだ気が緩められないだろう。

「お客様はスーパー、デパート、レストランなどさまざまなチャネルを利用しており、おいしいものをよくご存知です。そのお客様の目線で商品開発を行おうとすれば、『コンビニだから』という言い訳はできませんし、ライバルもコンビニだけではない。『どこにも負けない商品』を提供していきたいと思っています」(佐藤さん)。

そうした「どこにも負けない商品」の開発を支えるのが、チーム力。具体的に言えば「チームMD(マーチャンダイジング)」の仕組みだ。セブン-イレブンのオリジナル商品は、同社開発担当者だけではなく、製造メーカーや原料・資材のメーカーなどとの混合チームで開発される。

これにより、課題に対してさまざまな視点から検討することができ、商品がよりブラッシュアップされるわけだ。

次ページ原材料高騰への対応は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT