10年ぶり刷新!セブン「サンドイッチ」の凄み

「丸刃スライサー」で食感が変わった

商品本部の佐藤賢一さん

開発部が目指したのは、「究極のパンのおいしさ」。それを実現するため、今回、ある決断をした。食パンをサンドイッチ用に薄切りする際のカット法を刷新したのである。

「当社にはサンドイッチ等の専用工場が43工場ありますが、そのすべてに丸刃スライサーという装置を導入し、なめらかなカット断面を実現しました」(佐藤さん)。

従来は、刃がギザギザしたスライサーで、押し切るようにカットしていたため、どうしても断面がざらついてしまっていた。新たなスライサーを使ったなめらかな断面は口あたりがしっとりしているだけでなく、挟んだ具材とも馴染みやすい。

この丸刃スライサーの導入は十数年来の悲願だったという。

代々のサンドイッチ担当の悲願だった

「代々のサンドイッチ開発担当が『いつか実現させたい』と抱いてきた夢でした。というのも、新しい装置を導入するとなれば43工場すべての機械を入れ替えしなければならない。大変、大掛かりな変更なので、実際に取り組むのはなかなか難しかったのです」(佐藤さん)。その念願が、今回実現したわけである。

またおいしいパンの条件であるやわらかさ、しっとり感を出すために、素材の変更も行った。小麦は特等粉と一等粉のみを使用し、通常のパンの約3倍である、12時間をかけて低温熟成。また小麦粉の配合も見直した。

次ページほかに変わったところは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT