太陽光発電に突然参入、気炎を上げるソフトバンク

太陽光発電に突然参入、気炎を上げるソフトバンク

ソフトバンクの孫正義社長が電力事業への参入をブチ上げた。5月25日、太陽光発電などの新エネルギー事業に参入すると発表。地方自治体から遊休地を借り受け、当初は発電容量2万キロワットクラスのメガソーラー(大規模太陽光発電施設)を全国に十数カ所立ち上げる。

記者会見で孫社長は「自然エネルギー普及のきっかけとなるモデルケースを作りたい」と説明。事業として成功例を示せば新規参入が増え、2020年までに日本全体で1億キロワットの発電容量達成も可能、と壮大な青写真を描く。

熱を上げるのは孫社長だけではない。長野、静岡、神奈川各県など29の自治体が参加を表明(6月2日時点)。「エネルギーの自給ができる自治体を目指したい」(長野県の阿部守一知事)と意気込む。

わずか2カ月で決断

孫社長が新エネルギーに熱を上げ始めたのは、東京電力福島第一原子力発電所の事故後だ。ツイッター上で、反原発のつぶやきをにわかに連発し始めたほか、新エネを推進する専門家たちと意見交換し、「原発なしに日本の電力は成り立たないと思っていたが、そうじゃないとわかった。日本の全エネルギーの2割を新エネで賄うことも不可能ではない」と“開眼”した。

4月20日には、ポケットマネーから10億円を投じ、新エネルギー研究の財団立ち上げを発表。5月に入ると各都道府県の知事らに協力を呼びかけ、ソフトバンクとしても定款変更し、事業を行う。

自治体にとってもメリットは大きい。提供するのは休耕田など活用されていない土地だけで、設備などの費用は原則ソフトバンクが負担。発電した電力の売却によって得られる収入の一部が、自治体に還元される。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT