推しに祈る「1万円する推し壇」が売れまくる背景 20色に光る推し壇、入社3年目の社員が提案

拡大
縮小
推し壇 オタ活 はせがわ
仏壇販売のはせがわが発売した「推し壇」(写真:編集部撮影)

仏壇販売のはせがわが今月発売した「推し」に祈りを捧げる「推し壇」が反響を呼んでいる。X(旧Twitter)公式アカウントの発売告知投稿は1万以上リポストされ、想定以上の売れ行きに同社は追加生産を決定した。

この記事の画像を見る(9枚)

開発したのは入社3年目のオタク社員。はせがわに入社前する前から自分の「推し」を神棚に飾っていた彼女は、社内の新プロジェクト公募に応募して「Z世代にとっての尊い方=推し」を猛アピール。商品化を実現した。

20色の光で照らすことができる

「推し壇」は、好きなキャラクターやアイドルなど「推し」のアクリルスタンドやフィギュアを飾り、愛と祈りをささげることができる祭壇。本物の神棚と同じ素材・技法を用いた本格仕様で、LEDライトを使って20色の光で照らせるほか、高さも調整できる。

推し壇 はせがわ オタ活
高さや色も調節が可能だ(写真:編集部撮影)

発売をXで告知したとき、はせがわアカウントのフォロワーは15人しかいなかったが、社員の予想を上回る反響を呼び、26日までに約1万1000リポスト、約8900の「いいね」が付いた。販売台数は非公表だそうだが在庫の1割ほどが初日に売れ、フォロワー数も念願の100に到達した。

推し壇を開発したのは入社3年目で商品開発部に所属する郡司茉采(まな)さん(24)。自他ともに認めるオタクで、「推しは所属でありアイデンティティ」と熱弁する。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT