「岩井の胡麻油」、8代目社長の挑戦とは?

伝統製法による胡麻油を地道に製造

――流通業界からの転身ということで、だいぶ雰囲気が違ったのではありませんか。

そうですね。地味な業界ですが、先ほども述べたように、新本社・工場の移転・落成を第2の創業だといって、社員のモチベーション向上や業績好転を探るきっかけにしました。

日本で初めて黒胡麻から搾油

――ゴマは輸入に頼っているのですか。

日本はゴマを99・9%輸入に頼っています。日本は年間15万トンから16万トン輸入しています。ゴマは熱帯から亜熱帯の極貧国が主な産地で、そうした国々の最大の換金作物です。先進国で作っているところはありません。国産ゴマもあることはありますが、量はほとんどありません。

種類は白胡麻、茶胡麻、黒胡麻、金胡麻とありますが、特に黒胡麻は健康によいカルシウム、ゴマリグナンやポリフェノールが豊富です。日本で初めて黒胡麻から搾油して販売したのが当社です。黒胡麻の油にビタミンE成分を加えてサプリメントにして販売したのは大手より20年も早く、今もよく売れています。

最近は従来輸出国であった中国が経済発展に伴い、自国産では需要を満たせず、世界各国から「爆買い」して、日本の4倍近くの量を輸入しています。その影響でゴマは価格が下がらない典型的な商品で、年々原料高が続いています。さらに円安で、高い原価での搾油を余儀なくされています。デフレマインドが依然として強く、価格競争は相変わらずで、価格改定がままならない現状です。

――御社に伝わる社是や社訓はありますか。

社是というものはないですが、言われていたのが「誠実、まじめ、こつこつ」というものです。私が戻った時に経営理念を明確にしたほうがいいと思い、伊勢丹での経験も参考にして、企業経営の指針なども合わせて策定しました。これを朝礼で唱和するようにし、毎日ひとりずつ1分間スピーチするようにしたところ、社員に自覚やモチベーションが出てきたように思います。

――この業界の市場規模はいかほどで、御社はどれぐらいの位置にいますか。

市場規模は350億円にいかないぐらいの規模で、減ってはいませんが、成熟している市場ですので劇的には増えません。業界的には4位です。今後は家庭向け製品を伸ばしたいと思っています。今まで全体の出荷金額ベースで1割強まで増えてきましたが、これを3割までもっていこうという目標です。もともと西海岸を中心に米国向けの輸出も強く、米国ではラー油が好評を博しています。

昭和初期の搾油工場(写真:岩井の胡麻油提供)

――長い歴史の中で、会社が苦労したのはいつごろだったのですか。

ずいぶんあったようです。火事にあったり、1923(大正12)年の関東大震災にあったり、戦争の影響で原料が入らず、1941(昭和16)年から1946(昭和21)年までほとんど会社が休眠状態だったりしたことです。最近はここ2年の原料高と円安ですね。

次ページ創業以来、変わらぬこだわりの製法とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT