「51歳同士での結婚」が大成功した男女のリアル 年収2000万円の彼女と、謙虚すぎる夫の相性

✎ 1〜 ✎ 249 ✎ 250 ✎ 251 ✎ 最新
拡大
縮小
51歳同士の再婚、その新婚生活とは?(イラスト:堀江篤史)

勤続30年の叩き上げの警察官と、海外在住歴10年の外資金融の管理職。51歳の同い年とはいえ、日常生活でも仕事でも親しく交わることはなさそうな経歴の男女。

そんな2人が、昨年の春に結婚相談所で出会い、3カ月後には「事実婚の契約書」を交わしてお互いの家を行き来する週末婚を始めた。今年4月に婚姻届を出し、妻が所有する中古住宅を夫がローンを組んでリノベーション。夏からようやく2人きりの新婚生活をスタートしている。それぞれバツイチ子持ちの再婚である。

週末婚を経て新婚生活へ

インタビュー場所は池袋駅近くにある中華料理店。夫の清水敏弘さん(仮名)は柔和で優しげなメガネ姿の男性で、警察よりも高級ホテルの制服のほうが似合いそうだ。

一方の妻の久美さん(仮名)は小柄ながらもエネルギーと押しの強さが伝わってくる。結婚までの経緯を高速かつ詳細に話してくれたので、以下に要約させてもらう。

久美さんは九州出身で3姉妹の長女。残念ながら母親は子どもに暴力を振るう人で、弱い父親はそれを止めることができなかった。高校卒業後、実家から逃げ出すように上京して大学に進学。在学中にアメリカで米国公認会計士の資格を取り、卒業後はオーストラリアへ。

その後も海外と東京を行き来しながら、金融業界でのキャリアを重ねてきた。なお、2人の妹も危険な実家から連れ出して面倒をみて、それぞれ自立させている。

次ページ親に愛されていないから、誰かに愛されたかった
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT