懸命に運行される被災地路線バス、大船渡では車内を事務所代わりに


 4月1日、悩み抜いた末に近藤さんたちは津波で破壊された営業所に戻ってきた。半壊した整備工場と、事務所の基礎が残っていた。見渡すかぎりのがれきの中にひしゃげた従業員の自家用車もあった。

市に頼んでがれきの山を片付けてもらい、4月4日から、市内6路線でバスを走らせた。被災から2カ月経った今も1台の路線バスが事務所代わりだ(写真)。「この営業所には生まれも育ちも大船渡という社員が多い。津波で家や家族を失って、仕事だけが残った。毎日バスを走らせることが社員の救いになっているのかもしれない」(近藤さん)。

4月7日の余震の際には慌てて避難したが、脳裏に焼き付いた津波の恐怖がよみがえった。地盤沈下しているため、大きな余震が来たら、再び津波にのみ込まれる可能性もある。一刻も早く安全な場所に営業所を移したいと、市に再三交渉し、やっと高台の土地を確保した。しかし「施工業者が見つからないので、着工のメドが立たない」(近藤さん)。

4月末時点、大船渡市を含め、釜石市、陸前高田市が同様の無料巡回バスの取り組みを行っている。こうした行政の支援もあり、岩手県沿岸部の路線バスは路線の回復率で67%に達した(下図)。


政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT