インドネシア高速鉄道、「試乗会」で見えた実力 最高時速は350km、「中国式」らしさはある?

拡大
縮小
インドネシア高速鉄道 ハリム駅停車中の列車
インドネシア・ジャカルタ―バンドン高速鉄道のジャカルタ側始発駅、ハリム駅に停車する列車(筆者撮影)
この記事の画像を見る(50枚)

東南アジア初の本格的高速鉄道となるインドネシア・ジャカルタ―バンドン高速鉄道(ハリム―テガルアール間142.3km)の一般向け試乗会が、10月1日に予定される開業宣言を間近に控えた9月17日、ついに始まった。くしくも、当初開業を予定していた8月17日のインドネシア独立記念日から遅れることちょうど1カ月、東南アジア最速の時速350km運転を体感することがかなった。試乗会と高速鉄道の沿線風景をレポートする。

一般向け試乗会は約3分で満席に

試乗会の応募フォームは、公式インスタグラム及びツイッター(X)で前日16日の21時過ぎに突如告知された。

試乗会は往復乗車で、ジャカルタ側のハリム発、バンドン側のテガルアール発がそれぞれ1日2往復設定され、向こう1週間分の列車指定ができたが、告知の2~3分後には全列車満席となった。高速鉄道に対する高い関心がうかがえるが、関係者経由で応募フォームが事前にリークされていたこともあり、一般公開されたときにはほぼ満席だったという事情もある。筆者も事前にリンクをもらっていたこともあって無事登録でき、ハリム9時発の列車に乗ることになった。

インドネシア高速鉄道 併結試運転
高速道路に沿ってブカシ付近を行く営業用編成(手前)と検測編成の16両併結試運転(筆者撮影)

在来線でバンドンに向かう場合、ジャカルタ側の乗車駅は中心業務地区の北側に位置する官庁エリアのガンビル駅だった。同駅はジャワ島各地に向かう長距離優等列車の発着駅として長らくその地位を守ってきたが、高速鉄道の始発駅は中心地区からやや南東に外れたハリムとなる。

関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT