松下幸之助は「160歳まで生きる」と宣言した

満80歳のときにつぶやいた言葉

ところが、1年後になると、

「わし、130歳まで生きることにしたわ」

「えっ? 106歳と言われていましたよね」と言うと

「いや、あれは、やめや」

聞くと、日本人の最長寿者は、123歳だと言う。

「それでな、125歳でもええんやけど、130歳を生きると決めたほうが、少し早目に逝くとしても、記録をつくれるわけや」

そういう気持ち、気力で生きていくということは、確かに大事なことだと瞬間思ったから「ぜひ、130歳までお元気で活動してください」と応じた。

六十、七十は鼻たれ小僧

ところで調べてみると、実際には123歳は日本の長寿記録ではない。日本では116歳、世界では122歳164日である。誰かが間違えて、話したのかもしれないが、そのようなことはどうでもいいことで、高齢になって「明日はない」などと思って毎日消極的になるより、「まだまだ元気で生きなければならない」と思っていたほうがいいのは確かだろう。

文化勲章受章者で、107歳まで活動した彫刻家、平櫛田中(ひらぐしでんちゅう)も、満100歳の誕生日を前に30年分の材料を買い込んだエピソードは有名。平櫛の「六十、七十は鼻たれ小僧、男ざかりは百から百から。わしもこれからこれから」とか、「いま、やらねば、いつできる。わしがやらねば、だれがやる」という言葉は、今も人口に膾炙(かいしゃ)している。

この130歳まで生きるという話は、さらに続く昭和50年(1975)、松下は80歳になった。80歳は八と十を組み合わせると傘になるから「傘寿(さんじゅ)」だが、80歳は数えでは81歳ということからか、「半寿」と熨斗紙に書いたお祝いをもらった。「半寿(はんじゅ)」という言葉を私は知らなかったが、松下も知らなかったようで、

「きみ、満80歳は半寿と言うそうや」

と言う。

八と十と一を組み合わせると、半という字になるところから、そう言うらしい。松下は、この言葉に、おおいに関心を持った。

「きみ、80歳で半寿とすれば、全寿なら、160歳になるわね。そういうことなら、わしは160歳まで生きようとそう決めたんや。きみ、そういうことで、これから過ごしていくからな。面白いやろ」

面白いと言われても、奇想天外、理解不能状態、どう答えていいのかわからないから、「ぜひ、160歳までお元気でいてください」という以外に言葉がなかった。

しかし松下が、それぞれの数字はともかく、それを前提に日々を力強く過ごすようになったのは確かだと思う。

夜遅く辞するとき、ベッドで横になっている松下は、私が制するにもかかわらず、必ず、ベッドから起き上り、スリッパを履いて出口まで私を見送ってくれた。出口まで、並んで歩きながら、たいてい同じ言葉を松下は私に呟いた。

「きみ、いろいろと考えとるんやけど、あれも、これもやらんといかんと思うことが、いっぱい出てくるんや。けどな、どれも、きみに手伝ってもらわんと出来へんことばかりや。そういうことで、きみ、体には十分気をつけてくれや。わしより、はよ逝ったらあかんで」

こういう一言で、私のその日一日の疲れが吹き飛んでしまうのが、つねであった。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。