韓国大統領の「レームダック化」が止まらない

就任3年目の正念場だが、醜聞まで浮上

一方で韓国の経済・金融関係者が期待しているものがある。過去に実施した基準金利の引き下げがもたらす景気改善効果だ。4月下旬に中央銀行・韓国銀行の李柱烈(イジュヨル)総裁は「韓国経済に、まだ弱いが肯定的なシグナルが出始めた」と述べた。また崔ギョン煥(チェギョンファン)・副首相兼企画財政相も同時期、「今年第2四半期(4~6月)の経済成長率が前期比1%を超えるものと期待している」と発言。第1四半期は同0.8%成長だった(年率でない)。

韓国銀行は14年8月に2.5%の基準金利を2.25%に、さらに2カ月後の同年10月には2.0%に引き下げた。これが第2四半期によい効果をもたらすと期待しているのだ。財政面でも年内に10兆ウォン(約1.1兆円)の景気浮揚策を決定し、回復傾向を強めようとしている。

それでも、韓国内の専門家からは、金利引き下げと財政出動を行っても、それが消費と実物投資に結び付かず、株式投資が増えるだけとの分析が支配的である。

外交政策が威力を失い、肝心要の経済も低迷したまま──。今の朴大統領には乾坤一擲(けんこんいってき)もなく、起死回生の策を持っているようにも見えない。歴代大統領の中で、史上最速の「レームダック化」が進みそうだ。

「週刊東洋経済」2015年5月23日号<18日発売>「核心リポート05」を転載)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
不動産バブル崩壊前夜<br>あなたの街は大丈夫?

日増しに強まる「不動産価格は高すぎる」の声。融資姿勢の厳格化など、バブルは崩壊前夜の様相を呈している。投資市場と居住用実需の現場に迫るほか、首都圏主要駅別に2025年の地価を予測、下落率を一覧にした。