異例の盛り上がり「VIVANT」裏方の圧倒的存在感 原作・演出を務める福澤克雄氏はどんな人?

拡大
縮小
遂に最終回を迎えるVIVANT(写真:VIVANT予告YouTubeより)

キャスト生出演の特番も高視聴率を記録するなど、視聴者を巻き込んで異例の盛り上がりを見せている『VIVANT』(TBS系)。

これまでの連続ドラマの枠を超えたエンターテインメントコンテンツとして楽しまれている本作だが、そこには原作や演出を手がける福澤克雄氏の意向がそのまま反映された“福澤ドラマ”になっていることが背景にある。

脚本、配役、オマージュ演出など福澤節が随所に

TBS局員である福澤氏は、これまでに演出家として『3年B組金八先生』シリーズ(1995〜2005年)や『GOOD LUCK!!』『砂の器』『華麗なる一族』など高視聴率をたたき出した人気ドラマを数多く手がけている。

さらに、『半沢直樹』をはじめ、『ルーズヴェルト・ゲーム』『下町ロケット』『陸王』『ノーサイド・ゲーム』など作家・池井戸潤氏の小説を原作にした連ドラ化で辣腕を振るい、骨太な重厚感のあるドラマ制作の名手として知られてきた。日曜夜9時枠のTBS日曜劇場を確固たるブランドに育て上げてきた立役者の1人になる。

『VIVANT』がこれまでのドラマと異なるのは、そんな福澤氏の意向がそのまま反映された“福澤ドラマ”になっていること。原作と演出を自ら手がけ、キャスティングでもこれまでの人脈をフル活用。メインから端役までの豪華配役を実現した。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT