日本復活に大事なのは国民の覚悟と産業活力--『日本の突破口』を書いた中島厚志氏(経済産業研究所理事長)に聞く


──移籍された経済産業研究所では、そういう研究もありですか。

一例を挙げれば、動力源としての電気自動車という発想がある。電気自動車には大容量の蓄電池が自動的についてくるともいえる。今のものでも、夜中に充電しておけば日中、電力が止まっても一般家庭では問題がないようだ。電気自動車はライフスタイルどころか、産業のあり方、経済のあり方、都市計画、働き方などを大きく変えていく可能性さえある。日本企業にその中核技術をぜひ握っていてほしいものだ。

当研究所は常時、100ほどのプロジェクトを走らせている。強みのある構造論で貢献していきたい。

(聞き手:塚田紀史 =週刊東洋経済2011年5月14日号)

なかじま・あつし
1952年生まれ。東京大学法学部卒業、日本興業銀行入行。パリ支店長、パリ興銀社長、調査部長などを経て、2004年みずほ総合研究所専務執行役員チーフエコノミスト。11年4月より現職。01年より10年にわたりテレビ東京系列「ワールドビジネスサテライト」でレギュラーコメンテーターを務めた。

『日本の突破口』 東洋経済新報社 1575円 222ページ

    

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT