「本当に優秀な営業」は火傷しそうなほど熱い

大企業を変革するプロ社員たちの底力

渡邉:私の同期にも大企業を飛び出して、ベンチャーを立ち上げた人がいましたが、尊敬しますね。大きなリスクをとって挑戦しているわけですし、自分にはまねできません。もともとは大企業もベンチャーだったんですから、どちらを選んでも自分が納得できるキャリアを積めればいいと思います。

冨田:私もどんな企業に勤めようと、自ら動ける人がすごいのかなと思います。周りの意見に左右されずに行動することは難しいですし、そんな人は大企業にもベンチャーにもいるでしょうね。

常見:行動を起こして、物事を変える人に大企業・ベンチャーの垣根はないですよね。

河野:大企業だって、自分から動くことで変えられますから。自分がビジネスを変えて、仲間を変えて、会社を変えることができる。最終的には社会全体に影響を与えられることを若い人にも知ってほしいです。

若手営業へのメッセージ

常見:今日ここでした話は、悩んでいる営業担当者や、間違った営業像を抱いている学生たちにとっては非常に役立つ内容だったと思います。「大企業では歯車にしかなれない」「営業は物を売るだけの仕事」「Win-Winの関係はキレイごとにすぎない」といった誤解が今回の議論を通して、解けたと思います。この記事は営業の方に読まれると信じているのですが、ぜひ読者の、特に営業担当者にメッセージを。

リクルートマーケティングパートナーズ 小野恵里香(以下、小野):営業として、お客様を知り抜く姿勢も大事ですが、それ以上に一消費者の視点を持って、「市場にいちばん近い人間」であってほしいです。その姿勢を忘れなければ、いつかきっとお客様にも恩返しできる日が来ると思います。

渡邉:私は繰り返しになりますが、とにかく自分の「人間的魅力」を磨いてほしい。そこに正解はありませんが、きっとその人ならではの魅力や個性があるはず。自分の中でそれを見つけられたときに、営業として一歩抜きん出た存在になれると思います。

鈴木:「今、会いに行く営業」であってほしいと思います。今は営業もメールや電話だけで済ませることができますが、実際にお客様と会って話さないとわからないこともたくさんあるはず。若い方には特に実践してほしいですね。

次ページ仕事に取り組むうえで大切なこと
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。