「しんちゃん3Dアニメ」製作に7年かかった舞台裏 ほっぺのもちもち等、しんちゃんらしさを表現

拡大
縮小
ひょんなことから超能力を手に入れたしんのすけが、同じく超能力を手に入れたものの、社会への絶望から復讐を誓う青年の暴走を止めるために立ち上がる(C) 臼井儀人/しん次元クレヨンしんちゃん製作委員会

「クレヨンしんちゃん」初の3DCGアニメ『しん次元!クレヨンしんちゃんTHE MOVIE 超能力大決戦 ~とべとべ手巻き寿司~』が現在公開中。8月4日に初日を迎えた本作は、早くも興収10億円を突破するヒットを記録している。

この記事の画像を見る(7枚)

3DCGらしい表現を施しつつも、それでいていつもの「クレヨンしんちゃん」らしさは失わない、という絶妙なバランスの3DCGアニメーションを担当するのは『シン・ゴジラ』や『STAND BY ME ドラえもん』を手がけた、CGのプロフェッショナル集団の白組。監督・脚本を『モテキ』『バクマン。』の大根仁監督が務めている。

制作期間7年という期間を経て完成した本作。その制作段階でチャレンジしたこととは何なのか、そして「しんちゃん」らしさで大切にしたことは何なのか。CGラインプロデューサーを務める白組の畑中亮氏、そして本作プロデューサーを務めるシンエイ動画の吉田有希氏に話を聞いた。

いままでとは絵もスタッフも違う

――今回の作品は、毎年春に公開している「劇場版クレヨンしんちゃん」の新作ではなく、番外編のような位置づけだと伺ったのですが、ある種、お祭りのような意識が大きかったということでしょうか?

吉田:それは大きいですね。それこそ絵も違いますし、スタッフも全然違いますから。ただしレギュラーの声優さんたちは一緒だということもあり、「クレヨンしんちゃん」らしくて、らしくなくて、らしい、という特別感があります。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT