地盤沈下に苦しむ石巻市、満潮時に床上浸水、通学・買い物にも支障

地盤沈下に苦しむ石巻市、満潮時に床上浸水、通学・買い物にも支障

東日本大震災では、地震や津波のみならず、深刻な地盤沈下も発生。海水の流入による床上浸水の被害が一部の地域で広がっている。

「この地域では、80センチメートル近く地盤が沈下したと聞きます。満潮の時刻をいつも気にしながら生活しています」と語るのは、宮城県石巻市万石浦地区に住む丹野礼子さん(53)。「自家用車は車道に置けないし、外出する際は長靴が必要。こんな状態が続くと安心して住むこともできない」(丹野さん)。

 


■「安心して住めない」と語る丹野礼子さん(右)

 

万石浦は、石巻市の東部に位置する入り海で、カキやノリの養殖が盛んな景勝地だ。大震災では津波による被害は少なかったが、地盤沈下による浸水被害が住民を苦しめている。

5月1日午後2時過ぎ。満潮の時刻が近づくにつれて、万石浦地区の住宅地や国道に水がたまり始めた。地盤沈下がひどい地区では、満潮時には住宅の床上まで水が浸入した。

千葉修さん(56)宅では、震災後、2度にわたって満潮時に床上浸水に見舞われたうえ、この日もまた、床上浸水に。「1階では電気も水道も使えず、やむなく2階で生活している」と千葉さんは話す。

 2階には水は来ないものの、柱や一階の床は水浸しで、家の中はじめじめした状態。「いつまで住めるのか」と千葉さんは不安を感じている。妻と子ども2人は近くの中学校で避難生活を強いられている。


■「満潮時にここまで水が来た」と話す千葉修さん

 

 


■千葉修さん宅の軒先

 

江戸時代の塩田跡を造成した「万石浦ニュータウン」に住む千葉康広さん(43)の近所は液状化がひどいうえ、「大雨や強い風が強く吹くたびに海水が庭先まで流入してくる」(千葉さん)という。「余震とともに大潮がいちばんの心配の種。買い物に行くのも一苦労です」と千葉さんは話す。

区長(町内会長)を務める中鉢正良さん(63)は「市役所も状況はわかっていると思う。ただ、現時点までに具体的な対策は講じられていない」と語る。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT